歴史の勉強

加藤清正とともに豊臣恩顧の大名の代表である福島氏は、桶大工の息子で福島正信の養子になったとも、あるいは地侍福島正信の長男ともいわれ、その出自はよくわからない。父の名を正光という書もある。
この正信あるいは正光の夫人が秀吉の伯母であったことから、幼少のころより秀吉に仕え、やがて頭角をあらわした。加藤清正、加藤嘉明らもほぼ同時期に仕えたが、正則は出世頭で、秀吉死去の時には尾張清洲24万石の大名であった。
武断派の頭領格で石田三成らと激しく対立し、関ヶ原では東軍に属して功あり、戦後は安芸広島で49万8千余石の大大名となるが、広島城の無断修理を咎められて改易蟄居となり、失意のうちに世を去り、福島家はその死をもって廃絶した。

大名騒動録・福島正則のページ

福島正則 ふくしままさのり
1561〜1624(永禄4〜寛永元)、幼名市松、左衛門大夫、侍従
尾張清洲24万石→安芸広島49万8千2百石→信濃川中島4万5千石

福島正則は尾張の地侍福島市兵衛正信の長男に生まれたというのが一般的な説だが、父の名を新左衛門正光とするものや、清洲の桶大工某の息子で福島家へ養子に行ったとも言われていて、その幼少時についてはよくわかっていない。
福島家は尾張海東郡二寺村にあって、父正信(正光)の夫人は秀吉の伯母であったといわれ、この縁故で幼時のときより秀吉に仕え市松と称した。
知行は最初は2百石から始まって、秀吉の側について天正6年(1578年)の播磨三木城攻めが初陣であった。このころ秀吉は織田軍の中国方面軍の司令官であり、正則も天正9年(1581年)のの鳥取城攻めなど中国各地を秀吉に付いて転戦した。
天正10年(1582年)に本能寺の変で信長が斃れると、秀吉は即座に毛利と和睦して停戦、中国大返しと呼ばれる早業で畿内にとって返し、山崎合戦で信長を斃した明智光秀を討った。
正則は山崎合戦でも活躍し、続く天正11年(1583年)の秀吉と柴田勝家との合戦である賤ヶ岳の戦いでは、一番槍一番首の殊勲を挙げた。
このとき正則ら秀吉子飼いが大活躍をし、「賤ヶ岳の七本槍」と言われ、戦後大きく加増されたが、正則は破格の5千石を与えられた。ちなみに加藤清正らほかの6人は3千石であった。これを見ても秀吉の期待の大きさがわかる。
正則は秀吉の期待を裏切ることなく戦場で働き、小牧・長久手の戦い、紀州雑賀攻めでも活躍して功をあげ、伊予今治城主に抜擢され11万石を賜り、従五位下左衛門尉に叙任し、左衛門大夫を名乗った。
天正15年(1587年)九州征伐に従軍、戦後は肥後の検地奉行を努める。天正18年(1590年)には小田原攻めに出陣し、伊豆韮山城を攻略した。
文禄の役では生駒親正、長宗我部元親らほかの四国勢とともに5番隊に属して渡海し忠清道方面に展開した。文禄4年(1595年)には尾張清洲24万石に移封された。慶長2年(1597年)には侍従となり、羽柴姓を賜った。
秀吉が慶長3年(1598年)に没すると、生え抜きの豊臣恩顧の大名であり、戦闘で数々の殊勲をたてた正則は、加藤清正・加藤嘉明らとともに武功派の中心をなし、吏僚派の石田三成らと対立した。
慶長4年(1599年)の武功派諸将による三成襲撃事件にも、当然参加しており、これにより三成を失脚させた。その後、会津の上杉を討伐するために家康を大将として編成された会津討伐軍にも加わった。
会津討伐が中止となり反転西上したあとは、関ヶ原の前哨戦ともいえる岐阜城攻撃や大垣城攻撃に参加し、本戦でも活躍した。
このとき会津征伐を中止し、西上を決めた会議が小山で開かれたが、正則の三成を攻撃すべしとの率先した発言で、従軍していた諸大名も家康に従って三成攻撃に参加を表明した。豊臣恩顧の正則が家康に付いたことはそれほどの重みがあった。
もっともこの時には黒田長政が家康の命を受けて、単純な正則に対して三成憎しを前面に出し、豊臣秀頼への反逆ではなく、君側の奸三成を征伐するためと説得して発言をさせたといわれている。
正則は居城清洲が敵の前面ということで、家康率いる東軍の先鋒を命じられ、喜び勇んで東海道を西に急ぎ、清洲城に入った。清洲城は東軍の前進基地となり、やがて西軍の前線の岐阜城を正則が先鋒となって攻撃しこれを落とした。
さらに関ヶ原本戦でも先鋒として西軍を猛攻撃して活躍、戦後家康に賞されて安芸・備後49万8千2百石の太守となり、広島城主となった。ここまではよかったが、この先正則は幕府に睨まれて身動きできなくなってしまう。
関ヶ原に勝利した家康は幕府を開き天下人になって、大坂の秀頼をないがしろにしだした。話が違うと憤る正則であったが、現実の前には動きが取れずに歯軋りするばかりであった。
大坂の陣には豊臣恩顧という理由で江戸の留守居を命ぜられて出陣すらできず、また養子正之を乱行を理由に殺害した。
豊臣氏が滅亡した後の元和5年(1619年)に2年前の広島城の無断修築を咎められて城地は没収され、信濃川中島4万5千石に移封のうえ信濃高井郡高井野村に蟄居させられた。
翌元和6年に三男忠勝が死去し2万5千石を返上、寛永元年(1624年)に64歳の生涯を閉じた。なお、死後家臣が幕府の検使を待たずに遺体を火葬したために、領地を全て没収され、四男正利3千石が改めて与えられ交代寄合となった。

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -