歴史の勉強

戸田氏の出自については大きく二説あって、ひとつは藤原北家支流の正親町三条家より出たとするもの、もう一説は清和源氏の出であるとするもの。
清和源氏説では、八幡太郎義家の子の陸奥七郎義隆の末裔とされ、近世大名森氏の祖の森頼定の子信義が、尾張国海部郡戸田庄の地頭となって戸田姓を名乗り、これが戸田氏の祖となった。その子孫が正親町三条家から養子を迎えたとされる。
近世大名となった戸田氏は、二連木戸田氏と田原戸田氏にわかれ、二連木戸田氏の宗家は家康の同母妹が嫁したことで松平姓を賜り、各地を転封されたのち最終的に松本藩主で定着した。
田原戸田氏も転封を繰り返し、宇都宮藩主で定着した。田原戸田氏からは下野高徳藩戸田家と下野足利藩戸田家の2家が分れたほか、二連木戸田氏の別家として美濃大垣藩戸田家がある。

T.戸田氏の概要


U.二連木戸田氏(戸田松平家)歴代


V.田原戸田氏歴代
   忠時系戸田氏歴代
   忠至系戸田氏歴代


W.大垣藩戸田氏歴代
   氏成系戸田氏歴代

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、足利藩(現代書館)、日本史諸家系図人名事典(講談社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.10.16…大垣藩戸田氏のページを開設
平22.8.26…戸田氏の概要、二連木戸田氏歴代、田原戸田氏歴代を追加して戸田氏のページを改訂

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -