歴史の勉強

徳川氏譜代の名門中の名門である酒井氏は、徳川家と同祖とされている。
すなわち、松平氏の祖とされる初代親氏が時宗の僧徳阿弥と名乗って諸国を遍歴していたとき、三河国碧海郡坂井村で坂井五郎左衛門の女を娶り、やがて男子が生まれた。男子の名は広親とも親清ともいうが、これが酒井氏の祖となった。
一方で親氏はその後松平郷に行って松平氏を相続し、これが松平氏の祖とされていて、その八代後が家康であり徳川氏を名乗るのである。
しかし、この話は親氏の存在自体が絶対とは言えず、酒井氏の祖についても、そのように伝えられているという程度のもので、確証はない。したがって酒井氏の出自自体不明であるといわざるを得ないが、松平氏古参の家であることは間違いのないところである。
酒井氏祖の広親(親清)の子が二流に分れ、氏忠の系統を左衛門尉(さえもんのじょう)家、家忠の系統を雅楽頭(うたのかみ)家という。
左衛門尉家からは徳川四天王の一である忠次が出、その孫忠勝が出羽庄内藩主となり幕末に至る。分家として出羽松山藩2万石があった。
雅楽頭家からは江戸期初期の名老中忠世や、四代将軍家綱のときの大老で下馬将軍と呼ばれた忠清が出た。上野厩橋から播磨姫路に転封されて幕末を迎えた。雅楽頭家の分家には上野伊勢崎2万石、若狭小浜10万石、安房勝山1万5千石、越前敦賀1万石がある。

Ⅰ.酒井氏について

Ⅱ.左衛門尉系酒井氏

  左衛門尉家宗家歴代  庄内藩史

  (一)酒井忠次
  (二)酒井家次
  (三)酒井忠勝
  (四)酒井忠当
  (五)酒井忠義
  (六)酒井忠真
  (七)酒井忠寄
  (八)酒井忠温
  (九)酒井忠徳
  (十)酒井忠器
  (十一)酒井忠発
  (十二)酒井忠寛
  (十三)酒井忠篤
  (十四)酒井忠宝

    分家松山藩主歴代  松山藩史

    分家大山藩主歴代  大山藩史

    分家左沢藩主歴代  左沢藩史


Ⅲ.雅楽頭系酒井氏

  雅楽頭家宗家歴代  姫路騒動

  (一)酒井重忠
  (二)酒井忠世
  (三)酒井忠行
  (四)酒井忠清
  (五)酒井忠挙
  (六)酒井忠相
  (七)酒井親愛
  (八)酒井親本
  (九)酒井忠恭
  (十)酒井忠以
  (十一)酒井忠道
  (十二)酒井忠実
  (十三)酒井忠学
  (十四)酒井忠宝
  (十五)酒井忠顕
  (十六)酒井忠績
  (十七)酒井忠惇
  (十八)酒井忠邦

    分家姫路新田藩主歴代

    分家伊勢崎藩主歴代  伊勢崎藩史

  別家田中藩主歴代

  別家小浜藩主歴代  小浜藩史

    分家勝山藩主歴代  勝山藩史

    分家敦賀(鞠山)藩主歴代  敦賀(鞠山)藩史

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、日本史諸家系図人名辞典(講談社)、家康十六武将(徳永真一郎・PHP文庫)、徳川家臣団(綱淵謙錠・講談社文庫)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平20.12.20…酒井氏のページを開設
平21.1.8…小浜藩史、勝山藩史、敦賀(鞠山)藩史を追加
平21.1.16…庄内藩史、松山藩史、大山藩史、左沢藩史を追加
平21.3.10…伊勢崎藩史を追加
平22.1.22…姫路騒動を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -