歴史の勉強
丹羽長之 にわながゆき
幼名:千菊丸・主殿
従五位下、越前守
明暦2年(1656年)生、元禄11年(1698年)8月23日襲封、元禄13年(1700年)12月7日没
陸奥二本松10万石

先々代光重の二男で、先代長次に子がなかったために長次の病死後跡を継いだ。しかし家督を継いでわずか2年後の元禄13年12月7日45歳で病死してしまう。
そのため目だった事跡はないが、「丹羽家々譜」の編纂を行ったほかに、産業振興策として製紙を奨めた。

丹羽氏の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -