歴史の勉強

織田信長の重臣であった丹羽長秀を生んだ丹羽氏は、武蔵児玉党であるといわれており、したがって桓武平氏であるということになるが、古い時代のことはよくわかっていない。
尾張国春日井郡に住し、尾張守護であった斯波氏に仕えていた。尾張では戦国期守護代であった織田氏が台頭し、さらに守護代織田氏の分家が守護代に変わって台頭するという下克上が繰り返された。
信長の織田家も守護代の織田家ではなく傍流である。丹羽氏はこのような尾張の状況の中で、最終的には信長を生む織田氏に仕えたものと思われる。
そのころの当主長秀は軍事・政治両面で才覚があり、信長の重臣となった。信長の伸張とともに領地も増え、信長が本能寺で倒れると秀吉を支持し、このころには若狭・越前・加賀二郡などで112万石の大大名になった。
しかし、その跡を継いだ長重の代に不始末もあって領地は4万石にまで減少、関ヶ原では西軍に与し所領を没収されてしまう。しかし慶長8年に復活をはたし常陸古渡で1万石の新封、その後子孫は陸奥二本松10万石、準国主格の大名家として幕末まで続いた。
なお、江戸期には室町期の四職の一である一色氏から出た丹羽氏がいて美濃岩村藩主となるが、この丹羽氏とはまったく関係がない。

丹羽氏歴代当主
  (一)丹羽長秀
  (二)丹羽長重
  (三)丹羽光重
  (四)丹羽長次
  (五)丹羽長之
  (六)丹羽秀延
  (七)丹羽高寛
  (八)丹羽高庸
  (九)丹羽長貴
  (十)丹羽長祥
  (十一)丹羽長富
  (十二)丹羽長国
  (十三)丹羽長裕

丹羽氏と関ヶ原
    
二本松藩史
    
丹羽氏関連年表


丹羽氏略系図(赤数字は歴代二本松藩主)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、信長の家臣団(学研M文庫)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.2.12…丹羽氏のページを開設
平19.5.3…丹羽氏と関ヶ原を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -