歴史の勉強

戦国末期から豊臣時代にかけて、主家であった龍造寺家の混乱に乗じて功名にお家を乗っ取り佐賀35万石の大名になった鍋島佐賀藩では、その後龍造寺の怨念が乗り移った化け猫が城下を跳梁、忠臣によって化け猫が退治される。
巷間いわれる鍋島騒動であるが、これは事実無根で龍造寺から鍋島への家督交代もほとんど混乱なく行われたし、鍋島氏の龍造寺への気の使い方も相当なものであった。むしろ龍造寺に世を巧みに渡る才覚ある人材がいなかったことの方が問題の根本であった。江戸時代に入って、旧龍造寺の人間による鍋島排斥もなかったわけではないが、世にいう鍋島騒動はまったく架空のものである。
鍋島氏が大いなる飛躍の遂げて、のちの大名となる基礎を築いたのは直茂であるが、鍋島氏はあくまで龍造寺氏から家督を継いだという形式を取るために、龍造寺当主が生存中は代数に数えない。
そのため直茂は佐賀藩主としても大名としても初代ではなく藩祖と呼ばれ、初代は直茂の家督を継いだ勝茂である。ただし直茂が実質的に大名の役割を担い、義務を果たしたのは事実である。
佐賀藩は幕末には薩摩、長州、土佐各藩と並ぶ開明的な藩として名を挙げるが、急進的な薩長に比べて維新に遅れを取り、それが明治以後も薩長の後塵を拝することに繋がった。

鍋島氏の出自と直茂の活躍・・・龍造寺氏から鍋島への権力移行を中心に
  鍋島氏の出自
  龍造寺氏と鍋島氏
  鍋島の台頭と龍造寺隆信の死
  鍋島直茂への権力移譲
  鍋島体制の完成

佐賀藩鍋島家歴代当主
  (一)鍋島勝茂
  (二)鍋島光茂
  (三)鍋島綱茂
  (四)鍋島吉茂
  (五)鍋島宗茂
  (六)鍋島宗教
  (七)鍋島重茂
  (八)鍋島治茂
  (九)鍋島斉直
  (十)鍋島直正
  (十一)鍋島直大
    
佐賀藩史

三支藩主歴代・三支藩史・・・勝茂が鍋島の藩屏を期待して創設した支藩
  小城藩歴代藩主  小城藩史
  鹿島藩歴代藩主  鹿島藩史
  蓮池藩歴代藩主  蓮池藩史

鍋島騒動・・・龍造寺氏からの権力移行は、化け猫騒動として有名に

鍋島氏と関ヶ原・・・鍋島直茂の意志は家康に与することにあったのだが…

龍造寺氏のページへ・・・鍋島氏の主家龍造寺氏のページ


鍋島氏略系図
(赤丸数字は歴代佐賀藩主、緑字は歴代三支藩主)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、史伝鍋島直茂(学研M文庫)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平20.2.12…鍋島氏のページを開設
平20.2.18…鍋島騒動、佐賀藩史、小城藩史、鹿島藩史、蓮池藩史を追加
平20.8. 5…鍋島氏と関ヶ原を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -