歴史の勉強

黒田氏といえば、戦国時代の名軍師官兵衛孝高がなんといっても名高い。孝高の頃には黒田氏は播磨姫路にあって、赤松氏の一族小寺氏の被官であった。
孝高は織田信長の播磨への進出に際して逸早く信長に与することを決め、信長の中国方面司令官であった秀吉のもとで軍師としての才を如何なく発揮して、そのブレーンとなった。しかし才気煥発すぎて、秀吉に警戒されるようになり、働きに比して処遇は恵まれなかった。秀吉晩年に豊前中津12万石を得たが、これも孝高に大封を与えるを秀吉が畏怖したためであるという。
孝高は隠居してのち如水と号し、むしろ隠居名の方が有名である。如水の嫡子長政は武将として秀吉・家康に仕えて大成し、関ヶ原役後に筑前福岡52万石の大封を与えられた。黒田氏の飛躍は如水の才気と長政の一途な活躍によって成されたものである。
「尊卑分脈」によれば黒田氏の出自は宇多源氏佐々木氏の流れとされている。佐々木氏は近江において諸流に分かれるが、佐々木信綱の四男氏信が京極氏を称し、その孫宗清(のちに宗満と改名)が近江国伊香郡黒田村に住して黒田判官を名乗ったのを黒田氏初代とする。
その後六代高政のときに将軍に怒りに触れて備前に流浪し、福岡村に居を定めて目薬屋となり、力を得て小寺氏の被官となり官兵衛孝高の代に続くことになる。
なお、江戸期に上総久留里藩主であった黒田家とは何も関係はない。

黒田氏概説
  黒田氏の出自と流転
  官兵衛孝高の活躍
  孝高から長政へ
  文禄慶長の役から関ヶ原
  近世大名黒田氏
  幕末の福岡

黒田宗家歴代当主
  (一)黒田孝高
  (二)黒田長政
  (三)黒田忠之
  (四)黒田光之
  (五)黒田綱政
  (六)黒田宣政
  (七)黒田継高
  (八)黒田治之
  (九)黒田治高
  (十)黒田斉隆
  (十一)黒田斉清
  (十二)黒田長溥
  (十三)黒田長知
  
    
福岡藩史
    
支藩秋月藩主歴代
    
秋月藩史
    
支藩東蓮寺(直方)藩主歴代
    
東蓮寺(直方)藩史
    
黒田騒動

黒田氏と関ヶ原


黒田氏略系図
(赤丸数字は孝高以降の宗家歴代、秋に赤丸数字は秋月藩黒田家、東に赤丸数字は東蓮寺(直方)藩黒田家)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、列藩騒動録(海音寺潮五郎・講談社文庫)、武家盛衰記(南條範夫・文春文庫)、黒田如水(安藤英男・学研M文庫)、エピソードで読む黒田官兵衛(寺林峻・PHP文庫)、黒田官兵衛(浜野卓也・PHP文庫)、黒田如水(童門冬二・小学館文庫)、黒田長政(徳永真一郎・光文社文庫)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平20.10.9…黒田氏のページを開設
平20.10.15…黒田騒動のページを開設
平20.11.10…福岡藩史、秋月藩史、東蓮寺(直方)藩史を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -