歴史の勉強

黒田氏と関ヶ原

はじめに

慶長3年(1598年)8月に独裁者であった豊臣秀吉が没した。秀吉は晩年に秀頼という実子に恵まれたが、このときまだ5歳であり天下人の座を狙う徳川家康の動きに注目が集まった。
国内が統一され、100年近く続いた戦国の世が落ち着いたものの戦国の気風は色濃く残り、まだ政権世襲など簡単には考えられないころであった。
家康は豊臣政権ではナンバー2の座にいて、250万石あまりの所領を持ち、所帯も実力も経験もほかの大名を凌駕していた。
家康はここで諸大名の対立、加藤清正・福島正則らの武断派と石田三成らの吏僚派の対立を利用して、武断派の大名を見方に取り込んだうえで武力で政権を奪取し、その後豊臣氏を滅亡に追い込もうという戦略を描く。
家康の前に立ちはだかる豊臣政権ナンバー3の前田利家は、家康に正面切って対抗できる唯一の人物であったが、慶長4年(1599年)閏3月に死去し、その後はますます諸大名の対立は激しさを増した。

家康は与党を着実に増やしていき武力決戦の機会を窺う。最初に前田利家の跡を継いだ利長にいちゃもんをつけたが、利長は反発せずに家康の前にひれ伏した。
次に会津の上杉景勝を狙った。謙信の跡を襲った景勝は硬派の武将であり、三成と仲がよく反家康であった。景勝は領国の会津で戦闘準備を始め、家康の上洛命令にも従わなかった。
ここに至り家康は会津征伐を決断し、諸大名を動員して会津に向かう。一方、利家没後に失脚した三成は家康に対抗する裏面工作を進めていたが、会津征伐で東下する留守を狙って挙兵する。
もっとも三成が大将では軍がもたないから、秀頼の名で軍を動員し総帥には広島の大大名毛利輝元を戴いた。家康はこの三成挙兵の報に会津を前にして反転し、慶長5年(1600年)9月15日関ヶ原において東西大決戦が行われる。

関ヶ原前夜
秀吉が没してから関ヶ原決戦まで約2年の間、多くの諸大名は翻弄され、最後まで去就に迷った大名も多かったが、黒田如水と長政父子は秀吉が没した直後から家康与党であった。
如水は家康を見知ったときから家康の人物を買っていて、秀吉亡き後の天下人は家康と読んでいた。さらに如水は秀吉個人のブレーンであっただけで、秀吉死後の豊臣家には何の義理もない。また、三成らの新官僚ともソリが合わなかった。
長政も武将としては一級の人物で、清正や正則らとは話は合ったし、父の如水を邪険に扱う三成らを嫌っていた。また、如水から家康について聞かされてもいたろう。ともかく如水、長政とも家康へ接近して関係を深め家康の信任を得ていった。

如水は慶長4年(1599年)の暮れから病気を理由に中津にあって、戦乱の機が近づいたと見た慶長5年春には、大坂、備後の鞆、周防上ノ関に早船を待機させて、大坂の様子が3日以内に中津に届くよう手配をした。
なぜ如水が中津に帰ったかといえば、天下の大決戦に乗じて一暴れして九州を制圧し、その余勢を駆って一気に上方に上り天下人争いに加わろうと考えたと思われる。
上方には長政に主力軍をつけて残し、黒田家重臣の栗山善助と母里太兵衛を残した。やがて長政が兵5千4百を率いて会津征伐軍に加わり、東に向かった。

その隙に三成が挙兵したが、三成は大坂に人質として置かれている諸大名の夫人を大坂城中に移すこととした。黒田家でも如水の夫人、長政の夫人が大坂にいて、三成は2人を城中に取り込もうとする。
長政は出立の際に栗山と母里の両名に、事が起きたら両夫人を国許に連れ帰れと申し渡していた。栗山と母里の2人は相談の上、工夫して両夫人を脱出させることに成功、夫人らは無事に中津に帰った。
両夫人の姿を見た如水は大いに喜んで、心置きなく九州で暴れることになる。

長政の場合
家康は三成の挙兵を当然予想していて、かなりゆっくりと進軍してきたのだが、三成挙兵の報に接したのは会津を目の前にした下野小山であった。
家康は直ちに軍議を召集し、参陣諸将に対応を問うことにした。家康としては会津征伐を中止して反転し、三成との決戦に向いたいところである。しかも全軍洩れなく家康に与してほしかった。
ところが参陣諸将は家康の家臣ではないので強制力はなく、諸将が自発的に家康に属して戦闘に向かってくれなければならない。
そこで家康はかねてから信任していた長政に大役を与えた。福島正則の説得である。

正則は自他共に認める秀吉恩顧の武将であり、正則が家康に味方すれば他の諸将も雪崩を打って家康に与するに違いなかった。
家康は長政に対して、正則を説得して軍議の席で開口一番家康に味方する旨の発言をさせ、軍議の流れを決定付けよと依頼したのだ。
家康の意を受けた長政は正則を説得し、翌日の軍議では正則の発言でシナリオ通りほぼすべての諸将が家康とともに反転して三成との決戦に向うことになった。
もっとも正則は戦闘には強いが根は単純な男で、このときも深く考えるよりは三成憎しの念で家康に与したらしい。
そしてもう一つ、正則は居城である清洲城の提供を申し出た。尾張や美濃は西軍諸大名の城ばかりであったが、正則の申し出で清洲城が東軍の前線基地として唯一機能することになり、戦闘条件が格段に有利になった。

もう一つ長政は決戦前に重要な働きをしている。西軍の総帥毛利家の親族大名吉川広家と小早川秀秋を裏切らせたことだった。
広家は、毛利家の顧問格の安国寺恵瓊を嫌っており、さらに三成とも仲が悪かった。それもあって、もともと家康に好意を寄せていた。従って輝元の西軍総帥には大反対であったが、本家当主の決定には逆らえなかった。
しかし負ければ、毛利家は総帥の家として取り潰しは免れない。そこで広家は毛利の家を残すために、東軍に内通することにした。
広家は家督相続の際に黒田如水に取り成してもらった縁もあり、また中国征伐以来毛利一族と黒田家は昵懇の間であったために、長政を通じて内通を約した。
そのことは東軍首脳の一部しか知らなかった。広家軍は西軍として出陣後は伏見城を果敢に攻撃するなどして味方を欺き、西軍首脳は内通していることはまったく知らなかった。

一方、小早川秀秋も、天下人の甥にうるさいことを言う三成ら吏僚派とはもともとそりが合わず、家康には領地問題で恩義がある。これも長政を通じて家康に内通した。
関ヶ原の決戦場には、毛利一族は約4万の兵を持って臨んだ。軍の主力は輝元の従兄弟の毛利秀元が率いており南宮山に陣した。
その南宮山の麓には吉川広家の陣があり、その脇に安国寺恵瓊、さらに五奉行の一人長束正家、土佐の長宗我部盛親の陣があった。つまり広家の陣が動かなければ、毛利一統は誰も動けない。
東軍は南宮山を通り越して布陣していたから、南宮山から攻撃を受ければ前後に敵を受けることになり挟み撃ちされる。逆に攻撃がないとわかっていれば、備えをほとんどせずによく、全力を前方に集中できる。
東軍側は当然広家内通の事実を硬く信じ、布陣した。事実広家は最後まで動かず、それがため秀元や長宗我部も動けず、毛利軍・長宗我部軍・吉川軍ら2万7千は戦闘を傍観するだけで終わった。

他方小早川軍は関ヶ原にやってくると、三成を無視しさっさと松尾山に登って布陣してしまった。松尾山は標高300mほどの高所で、そこからは関ヶ原がほぼ全て俯瞰できる。
逆にそこから逆落としに責められれば、山下で戦う軍の側面を突くことになり、ひとたまりもない。この絶好の位置に東軍に通じているらしい西軍の将が1万5千の兵を持って陣したのだ。
関ヶ原本戦では秀秋はかなり迷い、家康から催促の鉄砲まで撃たれたあげくに西軍を裏切って東軍についた。秀秋の裏切りまでは西軍が優勢であったが、この裏切りで形勢は逆転し一気に東軍が勝利を収めた。

関ヶ原役の東軍勝利は、一に秀秋の裏切り、次に広家の裏切りといっていい。この2つの調略を行った長政は関ヶ原勝利の一番手柄ということになる。
家康もそれがわかっていて、本戦終了直後にわざわざ長政を呼んで手をとって感激したというから相当なものだった。
もっとも長政は調略だけで活躍したわけではなく、戦闘でも関ヶ原の前哨戦である岐阜城攻撃で活躍し、本戦でも石田三成隊への攻撃部隊として大活躍した。
これらの功によって長政は戦後に中津12万石(18万石とも)から、筑前一国52万石の太守となった。

如水の場合
一方、中津にあった如水は慶長5年(1600年)7月17日に、大坂からの早船で三成挙兵を知った。如水はこれを聞いて小躍りして喜んだことだろう。
東西両軍が関ヶ原で戦っている間に九州を席巻して上方に上り、天下を狙って一旗挙げようという野心を、いよいよ実行に移す機会が到来したのだ。
九州は中津の如水と肥後の加藤清正が家康側の東軍で、あとは全て西軍であった。清正は豊臣恩顧の大名の代表格で、西軍は形式的ながら秀吉の遺児の秀頼を戴いていたから、戦闘参加には消極的であった。

如水は先ず当時修築中であった中津城の工事を中止させ、出陣を決断した。これには老臣たちが驚いた。精鋭の兵は全て長政が率いて会津に向っていて、中津にはわずかの留守部隊しか残っていない。
ここは城を堅固に保ち籠っているのが定石として、出陣を主張する如水を止めるが、如水は老臣たちを一喝して出陣の日を9月9日と定めた。
直ちに近郷近在の百姓町人から募兵を開始するが、その際には金銀は惜しまず、城の広間に蓄財した金銀を山と積み上げたという。
如水は吝嗇で有名であったが、これ即ち事あるときに役立てるためというわけで、募兵に応じた連中に惜しげもなく分け与え、二重取りするものがいても笑って許したという。

こうして出来上がった俄仕立ての如水軍は、予定通り9月9日に出陣した。中津城に異母弟の黒田修理7百人、高森城に黒田兵庫百人、馬ヶ岳城に桐山孫兵衛3百人、感田城に衣笠久右衛門百五十人を留守居とし、如水自身は8千人を率いて隣国豊後に向った。
豊後国は小藩が多かったが、浪人していた大友義統が入り豊後党を糾合して西軍側についた。
大友氏は長く豊後の守護であり、戦国大名大名としても生き残り、秀吉に豊後一国を安堵された名門であったが、朝鮮戦役で秀吉の怒りを買って所領を没収され義統は牢人していた。旧主の入国で豊後一党は一致して如水に敵した。

豊後に入った如水は高田城を開城させ、義統軍に包囲されていた杵築城の救援に向った。杵築城は丹後の細川氏(東軍)の飛地で、細川氏の重臣松井康之が守っていた。
この如水軍の動きに義統は包囲網を解いて、全軍を別府に近い石垣原の台地に布陣して如水軍に決戦を挑んだ。如水は石垣原を見渡せる実相寺山に陣を構える。
9月13日に両軍の間で戦端が開かれるが、大友軍はお家再興なるかどうかの乾坤一擲の大勝負であるから必死で抵抗も激しく、大激戦となった。
しかし時間が経つにつれ如水軍が優勢となり、大友軍は吉弘統幸、小田原鑑信、岐部信泰ら主力武将が相次いで討死して総崩れとなり、義統は石垣原から撤退し、付近の立石城に籠った。
如水は降伏を勧告し、9月15日夜に義統は墨染めの衣を着て城を出て如水に降伏した。

大友義統が如水に降伏した9月15日は、遠く関ヶ原で東西決戦が行われ、わずか半日で東軍が大勝利を得た日でもあった。
このことをまだ知らない如水は、翌日以降も豊後国内の城攻めを行い、16日に安岐城を攻めて19日に開城させ、その後も
富来城、臼杵城、日隈城、角牟礼城などを開城させた。
ここで関ヶ原役で東軍勝利の報がもたらされる。この報に接したとき如水は呆然とした。天下を二分した数十万の軍勢の大合戦がわずか1日もかからず終わってしまったのである。
大誤算であった。九州を席巻して上方に上るなどは、もう夢でしかない。この後の如水の行動は辻褄合わせであった。間違っても家康に野心を見抜かれてはならない。

家康は9月28日付けの如水宛の書状で長政の活躍を伝え、石垣原合戦での義統生け捕りを賞し、小倉城の毛利吉成を攻めることを命じた。
如水は直ちに小倉に転戦し、その前にある香春岳城を開城させて小倉城を攻めた。小倉城は戦意なく城主吉成は逐電して城は降伏した。
続いて如水は筑後に向かう。久留米城は城主毛利秀包が関ヶ原に出陣していて留守居の桂広繁が開城、次に清正や肥前の鍋島直茂らとともに西軍の猛将立花宗茂が籠る柳川城を攻めて降した。

さらに如水は加藤清正、鍋島直茂らとともに薩摩国境で島津軍と対峙するが、家康と島津の間で和睦がなり、島津攻めは行われず、如水も軍を引き揚げた。
関ヶ原役が終わったあと、長政は如水に謁して「関ヶ原の合戦で長政は先頭に立って石田隊を破り、小早川秀秋を裏切らせて味方に引き入れ、これにより合戦の大勢が決した。家康は合戦が終わってから長政の手をとって、三度も押し頂いて感謝した」と得意気に語った。
すると如水は冷ややかに「家康が押し頂いたのは左の手か右の手か」と聞いた。長政は不思議なことを聞くものと思いながら「右の手であった」と答えると、如水は更に冷ややかに「その時に、お前の左手は何をしていたか」と言い放ったという有名なエピソードがある。
如水らしいといえば如水らしい話であるが、天下への夢破れた如水は筑前で隠居生活を送り、慶長9年(1604年)に59歳で死去した。

黒田氏の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -