歴史の勉強

藤原氏利仁流というが、出自発祥とも詳しいことは不明。寛政重修諸家譜では、利仁から七代の子孫景通の後胤朝明が三河国で加藤を号すとあるが、景通が加賀介となり加藤と称したともいう。また、一説には朝明は岸氏というが、いずれにせよ出自は明らかではない。
朝明の次は教明で、このころ三河国幡豆郡長良(永良とも、現在の愛知県西尾市)にあって、松平氏に仕えていた。
教明は、松平広忠・家康の二代に渡って仕えたが、一向一揆に加わり三河を出奔、諸国を流浪する。教明の三河出奔の年に嘉明が生まれている。なお、教明の生没年は不明である。
嘉明はのちに豊臣秀吉に仕え大名となり、徳川政権下で会津40万石に封じられた。しかし子の明成が家臣との間に騒動を起こし石見吉永藩1万石に減知転封される。その後近江水口に2万5千石で再度転封し幕末まで続いた。
なお、豊臣秀吉に仕えた加藤光泰は同族で、光泰の家は江戸期には伊予大洲藩主となって続いた。

加藤家歴代当主
  (一)加藤嘉明
  (二)加藤明成
  (三)加藤明友
  (四)加藤明英
  (五)加藤嘉矩
  (六)加藤明経
  (七)加藤明煕
  (八)加藤明堯
  (九)加藤明陳
  (十)加藤明充
  (十一)加藤明邦
  (十二)加藤明軌
  (十三)加藤明実

二本松加藤家

大名騒動録・加藤明成
    

加藤氏略系図
(丸数字は嘉明以降の宗家歴代)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、日本史諸家系図人名事典(講談社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.2.19…加藤氏のページを開設
平19.7.12…大名騒動録に加藤明成を追加
平20.11.24…加藤(嘉明)氏のページをリニューアル

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -