歴史の勉強

虎退治の逸話を残す豪勇無双、武芸の達人、猛将として今なお人気の高い加藤清正の出自は、藤原氏であるという。
藤原氏の祖鎌足から36代目にあたる忠家の二男正家が美濃守に任じられて、京から美濃に下り、加藤庄に住して加藤氏を称した。正家から12代目が清信で清正の祖父にあたり、斉藤道三に仕えて犬山城代であたったが、織田信秀に攻められて天文16年(1547年)に戦死した。
嫡子清忠が跡を継ぎ、やはり道三に仕えて今尾城にあったが、合戦で負傷してのがもとで武士を捨て、尾張中村に流れて刀鍛冶となった。
この清忠の妻が秀吉の母の従姉妹で伊都といい、この2人間に生まれたのが清正であったという。
もちろん藤原氏に繋がる系図は後世の作られたものであるが、清正が秀吉と縁戚関係にあることは事実である。
その縁で幼少より秀吉に仕えて多くの武功を挙げ、秀吉没後は家康に与し、最終的には肥後一国52万石の大大名となったが、跡を継いだ二代忠広は改易となり、加藤氏はわずか二代で滅んだ。

加藤家歴代当主
  (一)加藤清正
  (二)加藤忠広
  
加藤清正の小研究豊臣家への忠義一途に生きた人物・加藤清正

大名騒動禄・加藤忠広二代目忠広は、理由もわからずに改易に

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、日本の100人・加藤清正(デアゴスティーニ・ジャパン)、加藤清正(海音寺潮五郎、文春文庫)、賤ヶ岳七本槍(徳永真一郎、PHP文庫)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平22.9.5…加藤氏のページを開設
平22.10.23…大名騒動録に加藤忠広を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -