歴史の勉強
加藤清正 かとうきよまさ
父:加藤清忠、母:伊都、幼名:夜叉丸
従五位下、主計頭、従四位下、侍従、肥後守
永禄5年(1562年)6月24日生、慶長16年(1611年)6月24日没
肥後熊本19万5千石→肥後熊本54万石

清正は尾張国愛智郡中村で、加藤清忠の子として生まれた。長男とも二男ともいうが、父は早くに亡くなり、母伊都が秀吉生母ののちの大政所と従姉妹であったことから、当時織田家の武将として長浜にあった秀吉に預けられた。
秀吉はこの頃すでに信長のもとで頭角を現し長浜城主となっていたが、卑賤から身を起したために譜代の臣がいなかった。
そのために遠縁の清正(虎之助)を喜んで迎え、福島正則(市松)らとともに寵愛を受けて育てられた。
天正4年(1576年)に元服し清正と名乗り170石を宛行われ、秀吉に従って播磨に向うが、その初陣がいつのことかはわかっていない。
天正9年(1581年)に因幡鳥取城攻めで功を挙げて100石加増、翌天正10年には備中冠山城攻めでの一番槍の功でさらに100石を加増された。
同年に本能寺の変で信長が斃れると、秀吉は当時攻撃中であった備中高松城で毛利氏と和議を結び停戦、中国大返しと呼ばれる早業で畿内にとって返し、山崎合戦で信長を斃した明智光秀を討った。このときも清正は活躍し、秀吉から感状を得ている。

続く天正11年(1583年)の秀吉と柴田勝家との合戦である賤ヶ岳の戦いでは、「賤ヶ岳の七本槍」のひとりに数えられる大活躍をし、戦後3千石を与えられた。
清正は福島正則、加藤嘉明らとともに秀吉の期待を裏切ることなく戦場で働き、小牧・長久手の戦い、四国征伐でも活躍して功を挙げ、天正13年(1585年)7月に、従五位下主計頭に叙任された。
天正15年(1587年)九州征伐に従軍、戦後は肥後宇土城の城代となった。その後、肥後国は佐々成政に与えられたが、失政により国人の大一揆が発生し、成政は改易され切腹となった。
肥後国は二分され、北部19万5千石が清正に与えられ(ほかに秀吉預り地3万石)て熊本(隈本)を居城とし、南部20万石は小西行長に与えられ、行長は宇土を居城とした。
このとき秀吉から肥後半国と讃岐一国のどちらがよいかと問われ、秀吉が朝鮮出兵を考えていることを知り、肥後を選んだとの逸話がある。

肥後では安定した政治を行い、とくに治水事業は世に知られており、広大な穀倉地帯を生み出したほか、商業政策でも手腕を発揮して、加藤氏改易後も人気は衰えず、加藤氏の跡に熊本藩主となった細川氏も大いに気を使ったという。
文禄の役では二番隊の主将となり、鍋島直茂、相良頼房を率いて釜山に上陸し、一番隊の小西隊と漢城(ソウル)攻略を競った。
漢城攻略後は咸鏡道方面の攻略を担当し、咸鏡道を平定、安辺府で朝鮮の二王子(臨海君、順和君)や大臣らを捕虜とした。
清正はなおも北進し、豆満江を越えてオランカイにまで侵攻し、虎退治の逸話もこの頃のこととされる。なお虎退治は多分に脚色されているが、清正隊が虎を倒したのは事実である。

文禄2年(1593年)6月には難攻不落といわれた晋州城を占領するが、この前後から石田三成、小西行長らと対立し、三成の報告により秀吉の勘気を受けて京に召還された。
召還後、清正は弁明の機会を待っていたが秀吉は面会を許さなかった。その間、清正は読経に明け暮れたが、慶長元年(1596年)に京を大地震が襲い、清正は真っ先に秀吉のいる伏見城に向い警備にあたった。秀吉は感激して勘気は解け、清正は地震加藤の異名をとる。
慶長の役でも渡鮮して先鋒となり、特に蔚山城の籠城線で名高い。慶長3年(1598年)に秀吉が没し、朝鮮より撤退した。
この後、清正や福島正則、加藤嘉明らいわゆる武功派の諸将と、石田三成ら吏僚派の対立が激しくなり、やがて徳川家康に接近する。
これは家康に心服したというより、三成への憎悪からのことであった。家康の養女を娶り、慶長4年(1599年)には武功派諸将らとともに三成襲撃事件を起して、三成を失脚させた。

関ヶ原役の際は在国して、中津城の黒田如水らとともに西軍方の小西行長の宇土城や立花宗茂の柳川城を攻略し、戦後は行長の旧領を与えられて、肥後一国54万石の太守となった。
戦後は領内の整備を積極的に行うほか、居城の熊本城はじめ江戸城、駿府城、名古屋城などの普請を行う。清正は築城の名手といわれ、特に石垣造りにおいて名高い。
一方豊臣恩顧の大名である清正は、家康に警戒されながらも豊臣秀頼と家康の和解に尽力し、慶長16年(1611年)3月には浅野幸長とともに二条城における秀頼と家康の会見を取り持つなど、豊臣家の行く末を案じた。
しかし会見が何事もなかったように無事に終わると安心したのか、帰国途中に船内で発病し、熊本に着いた一ヵ月後の慶長16年6月24日に50歳で死去した。

加藤氏の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -