歴史の勉強

天正13年(1585年)に豊臣秀吉から飛騨一国3万8千7百余石を与えられ、高山城を築いて城下を整備し、忠実な豊臣大名となった金森長近は、清和源氏土岐氏流という。
美濃の守護職であった土岐氏の庶流土岐兵部少輔定頼の子であった大畑七右衛門定近が、近江国野洲郡金森に居住して金森氏を称したのを始まりとする。
定近に政近、長近、政秀の三子があり、政近、長近の順で家督を継いだ。長近は織田信長に仕えて活躍し、信長没後は秀吉に仕えた。
関ヶ原では東軍に属して、戦後美濃上有知1万8千石を加増されると長近は飛騨を養子の可重に任せて自身は上有知に移る。
長近没後は、高山は養子の可重が、上有知は実子長光が継ぐが長光は嗣子なくして病死したために領地は収公され、宗家は可重の系統となる。その後六代頼時が出羽上山、美濃郡上へ転封され、七代頼錦のときに騒動により改易された。

金森家歴代当主
  (一)金森長近 高山・上有知藩主
  (二)金森長光 上有知藩主
  (二)金森可重 高山藩主
  (三)金森重頼 高山藩主
  (四)金森頼直 高山藩主
  (五)金森頼業 高山藩主
  (六)金森頼時 高山・上山・郡上藩主
  (七)金森頼錦 郡上藩主

高山藩史初代長近以来金森氏六代百年の治世

上有知藩史長近、長光二代のみ短命の藩
    
宝暦郡上騒動頼錦が改易された騒動
    

金森氏略系図
(丸数字は長近以降の宗家歴代)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平20.6.16…金森氏のページを開設
平20.7.7…宝暦郡上騒動を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -