歴史の勉強

生駒氏は藤原北家の祖房前の後胤という。家広が大和国生駒邑(現在の奈良県生駒市)に住し生駒氏を称し、文明・明応年間に尾張国丹羽郡に移り、さらに美濃国可児郡土田(どた)に住した。
このころの生駒家の当主は親重であった。親重は土地の土豪土田政久の子として生まれ、生駒豊政の養子となった。
親重は織田一族の織田信清、ついで織田信長に与した。親重の娘は織田信秀に嫁ぎ、やがて信長を産んでいる。さらに信長の正室は親重の弟家宗の娘だから、織田家とは二重の親戚であった。
親重は元亀元年(1570年)に没し、その跡は親正が継いだ。親正も織田信長に仕え、のちに豊臣秀吉に属して栄進、豊臣政権での大名となった。
讃岐一国17万石を領し、親正・一正・正俊・高俊と継いだが、高俊の代に生駒騒動と呼ばれる御家騒動が起き改易、高俊は出羽矢島1万石に移された。高俊没後は交代寄合となり幕末まで旗本として続いた。

生駒家歴代当主
  (一)生駒親正
  (二)生駒一正
  (三)生駒正俊
  (四)生駒高俊
  
生駒高俊没後の歴代騒動により実質改易された生駒家は、交代寄合として幕末まで続いた

生駒氏と関ヶ原父親正は西軍、子一正は東軍に分かれて戦った生駒氏の関ヶ原
    
生駒騒動暗愚の藩主高俊が原因で、重臣の派閥争いに発展し、生駒家は改易に


生駒氏略系図
(赤丸数字は親正~親猶の宗家歴代)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、列藩騒動録(海音寺潮五郎・講談社文庫)、大名廃絶録(南條範夫・新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.2.12…生駒氏のページを開設
平19.5.3…生駒氏のページをリニューアル、系図・生駒騒動を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -