歴史の勉強

堀氏には、まったく出自が異なる2つの堀家がある。
一つは藤原北家房前の子魚名から六代目の藤原利仁、それより八代のちの季高が堀を名乗ったことに始まる堀家で、これがのちに久太郎秀政を生む堀家である。
もう一家は清和源氏足利氏の支族、足利高経の孫斯波満種の後裔が尾張に住して奥田を名乗り、直政が堀久太郎秀政の父秀重の姉と婚した家である。奥田の方の家は、のちに直政が秀政の与力として活躍、秀政が堀姓を与えたことにより堀を名乗った。
したがって堀の宗家は久太郎秀政系の家ということになっている。久太郎秀政は信長の小姓になり、のちに秀吉の側近武将となって越前北ノ庄18万石の大名となった。秀政の跡は秀治-忠俊と封を継ぐが、江戸初期に一門の騒動によって改易されてしまう。
秀政系の堀家には秀治の弟が取り立てられた家があり、こちらの方は江戸期に大名として続く。また奥田系の三家も江戸期には小藩ながら大名として続いた。

Ⅰ.堀氏の概要

Ⅱ.秀政系堀氏
  堀宗家歴代(越前北ノ庄→越後春日山→越後福島)
  秀政-秀治-忠俊
    大名騒動録・堀忠俊のページへ

  堀利重系歴代(常陸玉取)
  利重-利長-通周

  堀親良系歴代(越後蔵王→下野烏山→信濃飯田)
  親良-親昌-親貞-親常-親賢-親庸-親蔵-親長-親忠-親民-親寚-親義-親広
    飯田藩史のページへ
    飯田藩の騒動のページへ

その他の堀氏

Ⅲ.奥田系堀氏
  堀直政系歴代(越後三条)
  直政-直次

  堀直寄系歴代(越後坂戸→信濃飯山→越後長岡→越後村上)
  直寄-直定

  堀直時系歴代(越後安田→越後村松)
  直時-直吉-直利-直為-直尭-直教-直方-直庸-直央-直休-直賀-直弘

  堀直重系歴代(信濃須坂)
  直重-直升-直輝-直佑-直英-直寛-直堅-直郷-直晧-直興-直格-直武-直虎-直明

  堀直之系歴代(越後椎谷)
  直之-直景-直良-直宥-直央-直恒-直旧-直喜-直著-直宣-著朝-直起-直温-直哉-之敏-之美

Ⅳ.堀氏と関ヶ原

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、日本史諸家系図人名事典(講談社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.2.12…堀氏のページを開設
平20.7.30…大名騒動録に堀忠俊を追加
平20.11.24…堀氏のページをリニューアル

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -