歴史の勉強

江戸期に阿波、淡路25万余石を領した国持大名蜂須賀氏の祖は、清和源氏足利流の一族である斯波氏といわれ、足利尊氏に従って名を上げ、室町守護名門の礎を築いた高経の七代孫正則が、尾張国蜂須賀郷に住して蜂須賀を称したとされる。ちなみに斯波高経は斯波氏の祖で、その子義将は3度も幕府管領に就任しているから、事実とすればたいへんな名門である。
しかし、この話は蜂須賀氏によって後年大名になってから作られたものであって、にわかには信じることはできない。知られていることは尾張国蜂須賀郷の土豪であった小六正勝が秀吉に仕えて頭角を現し、以後秀吉の出世に連れてその地位を高めていき、秀吉死去のころには阿波一国17万5千石余りの大名であった。
関ヶ原では親子が東西両軍に分かれて(正確には正勝の子の家政は領地を豊臣家に返納、家政の子の至鎮は東軍に属して出陣)戦って生抜き、大坂の陣ののちに淡路一国を加増され25万5千石の徳島藩主として明治維新まで続いた。

蜂須賀宗家歴代当主
  蜂須賀正勝
  蜂須賀家政
  阿波徳島藩主蜂須賀家歴代
  (一)蜂須賀至鎮
  (二)蜂須賀忠英
  (三)蜂須賀光隆
  (四)蜂須賀綱通
  (五)蜂須賀綱矩
  (六)蜂須賀宗員
  (七)蜂須賀宗英
  (八)蜂須賀宗鎮
  (九)蜂須賀至央
  (十)蜂須賀重喜
  (十一)蜂須賀治昭
  (十二)蜂須賀斉昌
  (十三)蜂須賀斉裕
  (十四)蜂須賀茂韶

徳島藩史天正年間、秀吉から家政が阿波を与えられて以来、明治維新まで連綿と蜂須賀氏の支配が続く

支藩富田藩主歴代

富田藩史忠英の二男隆重が立藩した支藩だが、三代正員が宗家を継いで廃藩となる

蜂須賀氏と関ヶ原初陣の至鎮は家康軍に、在国の家政は豊臣家に領国阿波を返上

阿波騒動秋田新田藩から養子に入った重喜は藩政改革に意欲を燃やすが…

蜂須賀正勝の小研究近世大名蜂須賀氏の実質的藩祖・正勝の動き


蜂須賀氏略系図(赤丸数字は歴代徳島藩主)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、列藩騒動録(海音寺潮五郎・講談社文庫)、蜂須賀小六伝(PHP文庫)歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.3.24…蜂須賀氏のページを開設
平19.5.16…蜂須賀氏と関ヶ原を追加
平19.5.28…阿波騒動を追加、徳島藩史を改訂
平19.12.16…阿波騒動を改訂
平20.6.9…蜂須賀正勝の小研究を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -