歴史の勉強

「尊卑分脈」では浅野氏の出自を清和源氏頼光流の土岐氏の流れとする。頼光の玄孫光信が美濃国土岐郡に住して土岐氏を称し、その曾孫光行が土岐郡浅野村に拠って浅野氏を称したという。
「寛永諸家系図伝」や「寛政重修諸家譜」では、光行の弟光時が尾張国丹羽郡浅野村に住して浅野氏を称したとする。
浅野氏は江戸期には安芸広島42万石の国持大名となるが、そのきっかけは浅野長勝の婿養子に長吉(のちに長政)が入ったことによる。
長勝・長政はともに織田信長に仕えたが、長政は秀吉の相婿でであったために早くから秀吉の股肱となり、その栄達に伴って出世していった。すなわち天正11年(1583年)に近江に所領を得て京都奉行となり、その後五奉行の首座となって政務を司る。
天正15年(1587年)には若狭一国を与えられ、さらに文禄2年(1593年)には甲斐府中21万石を領す。家督を継いだ幸長は、関ヶ原役で東軍先鋒となり活躍し紀伊和歌山37万石となる。幸長の跡の長晟は大坂の陣の功で安芸広島42万石に加増転封され、幕末まで広島城主を相伝する。
長晟の嫡子光晟は家康の外孫であり、松平の称号を許される。また、分家であった播磨赤穂の浅野長矩は、忠臣蔵で有名となる。

浅野宗家歴代当主
  (一)浅野長政
  (二)浅野幸長
  (三)浅野長晟
  (四)浅野光晟
  (五)浅野綱晟
  (六)浅野綱長
  (七)浅野吉長
  (八)浅野宗恒
  (九)浅野重晟
  (十)浅野斉賢
  (十一)浅野斉粛
  (十二)浅野慶熾
  (十三)浅野長訓
  (十四)浅野長勲

広島藩史元和5年(1619年)以降、明治維新まで浅野氏が封じられた広島藩史
    
支藩三次藩主歴代長晟の庶長子にはじまる分家

三次藩史
    
支藩広島新田藩主歴代綱長の三男長賢に始まる分家で、青山浅野家ともいわれる
    
広島新田藩史
    
長重系浅野氏歴代長政の三男長重の系統で、四代長矩は忠臣蔵で有名

浅野氏と関ヶ原

元禄赤穂事件


浅野氏略系図
(赤丸数字は長政以降の宗家歴代、黒丸数字は長重系、三次は三次藩主、新田は広島新田藩主)

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.4.23…浅野氏のページを開設
平19.5.16…広島藩史、三次藩史、広島新田藩史を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -