歴史の勉強

岩槻藩

藩主 在任 石高(万石) 特記
高力清長 天正18.8〜慶長4.?
1590〜1599
2.0  
高力忠房 慶長4.?〜元和5.9
1599〜1619
2.0 遠江浜松へ
青山忠俊 元和6.10〜元和9.10
1620〜1623
4.5  上総大多喜へ
阿部正次 元和9.10〜寛永15.4
1623〜1638
5.5  相模小田原より
阿部重次 寛永15.4〜慶安4.4
1638〜1651
5.9  
阿部定高 慶安4.8〜万治2.1
1651〜1659
9.3  
阿部正春 万治2.4〜寛文11.12
1659〜1671
11.5  
阿部正邦 寛文11.12〜延宝9.2
1671〜1681
9.9 丹後宮津へ
板倉重種 延宝9.2〜天和2.2
1681〜1682
6.0 下野烏山より
信濃坂城へ
戸田忠昌 天和2.2〜貞享3.1
1682〜1686
5.1 畿内より
下総佐倉へ
松平(藤井)忠周 貞享3.1〜元禄10.4
1686〜1697
4.8 丹波亀山より
但馬出石へ
小笠原長重 元禄10.4〜宝永7.5
1697〜1710
5.0 三河吉田より
小笠原長熈 宝永7.5〜宝永8.2
1710〜1711
6.0 遠江掛川へ
永井直敬 宝永8.2〜正徳元.6
1711〜1711
3.2  信濃飯山より
永井尚平 正徳元.7〜正徳4.8
1711〜1714
3.2  
永井直陳 正徳4.10〜宝暦6.5
1714〜1756
3.2 美濃加納へ
大岡忠光 宝暦6.5〜宝暦10.4
1756〜1760
2.0 上総勝浦より
大岡忠喜 宝暦10.6〜天明2.3
1760〜1782
2.0  
大岡忠要 天明2.3〜天明6.9
1782〜1786
2.0  
大岡忠烈 天明6.閏10〜寛政9.3
1786〜1797
2.0  
大岡忠正 寛政9.3〜文化13.閏8
1797〜1816
2.0  
大岡忠固 文化13.10〜嘉永5.7
1816〜1852
2.0  
大岡忠恕 嘉永5.8〜慶応2.3
1852〜1866
2.3  
大岡忠貫 慶応2.3〜
1866〜
2.3  


岩槻は古くは岩付とも書き、元荒川の西側に沿う台地上に城下があった。長禄元年(1457年)扇谷上杉氏の重臣太田資清により古河公方に対する戦略拠点として築城され、関東戦国期の一つの中心をなした。
太田氏が小田原の後北条氏により放逐されると、後北条氏の支配地となり、天正18年(1590年)に秀吉によって後北条氏が滅ぼされると、新たに関東の支配者となった徳川氏の城となった。

高力氏の入封

関東に入った徳川家康は、岩槻を軍事、政治上の重要拠点の一つとみなし、高力清長に2万石を与えて、その城主とした。
高力氏は、鎌倉幕府創業に活躍した熊谷直実を祖として、のちに三河国高力郷に移り、高力氏を称した。
清長は享禄3年(1530年)に三河国に生まれ、6歳の時に父安長が戦死してのち、叔父重正に育てられ、天文21年(1552年)以降は家康に仕えた。

永禄6年(1563年)三河一向一揆のおり、戦乱に巻き込まれた寺を保護したことで、仏高力と呼ばれ、永禄8年(1565年)には、本多重次、天野康景とともに三河三奉行の一人に数えられた。
天正9年(1581年)遠江国馬伏塚城主、翌天正10年駿河国田中城主となり、家康の関東入部に従ったのである。
清長は岩槻2万石とともに、家康直轄領の浦和郷1万石を預けられたが、公私の混同を避けるために浦和郷の代官に、太田氏旧臣の中村弥右衛門吉繁(吉照とも)を任じて、預り地の年貢は岩槻に収めず、直接江戸に廻送させた。また、吉繁を徳川家直臣として遇した。

文禄元年(1592年)の文禄の役では、軍艦建造の任にあたったが、建造後に剰余金を全て返還した。清長は、このように清廉潔癖の人物であった。
清長は岩槻城主となると人心掌握を第一とし、城の鎮護神である久伊豆神社に社領50石を寄進したりするなど寺社の保護に努め、城下の年貢を免除して、落城で離散した町民を呼び戻した。
関ヶ原役の翌年、慶長6年(1601年)には岩槻の市場へ掟書を発し、市場商人の保護を図る。この掟後、市場活動は活発となり、一と六の日に開かれる六斉市として木綿取引の中心地となっていく。

岩槻藩の初政にあたり、領内統治策を積極的に進めた清長は、慶長13年(1608年)正月26日に79歳で死去した。
岩槻藩高力家の二代藩主は清長の孫の忠房で、すでに慶長4年(1599年)に家督を譲られていた。清長には嫡子正長があったが、清長に先立って没していたために、正長の嫡男忠房が跡を継いだのである。
ただし、清長在命中は、先の市場への掟書などに見られるように、その後見指導を受けていたのではなかろうか。

忠房が名実ともに二代藩主となった翌年、慶長14年(1609年)2月に岩槻城に火災があり、城館のほとんどを焼亡した。
この年、家康が岩槻付近で鷹狩を行い、岩槻城に宿泊することになり、忠房は昼夜兼行で城の復興に務め、12月の家康来城を迎えた。
家康は復興の迅速を賞して、白銀2百枚を与えたが、この時の工事は旧城の城地を大幅に縮小し、本丸と二の丸を空地として、三の丸を中心に復興した。以後、岩槻城の中心は、三の丸となっていく。
忠房は大坂の両陣に出陣し、夏の陣では首級20あまりを挙げる活躍をし、元和3年(1617年)奏者番に任じられ、元和5年(1619年)9月に1万石を加増されて、遠江浜松に転封となった。

青山氏と阿部氏五代

高力忠房の転封後、青山忠俊が4万5千石で入封する。忠俊は慶長12年(1607年)ごろから酒井忠世、土井利勝とともに家光の撫育にあたった。
家光は厳正な酒井忠世、明敏な土井利勝、剛勇な青山忠俊から教育を受けて将軍としての資質を身につけたといわれる。
元和2年(1616年)に老中となり、元和6年(1620年)1万石加増のうえ武蔵岩槻城主となった。この年江戸城本丸天守作事総奉行、元和9年(1623年)8月嫡子宗俊とともに家光の将軍宣下のために上洛に供奉した。
しかしその2ヵ月後、家光の勘気を蒙り老中を罷免され、上総大多喜2万石に減転封される。諸事厳格な忠俊は公衆の面前で家光に諫言し、家光の勘気をこうむったとされるが、その裏には秀忠との確執があったとされ、家光が秀忠の側近であった忠俊を嫌ったともいわれる。

青山忠俊に代わり岩槻藩主となったのは、阿部正次で相模小田原から転封してきた。阿部氏は、正次-重次-定高-正春-正邦と5代58年間岩槻藩主を務める。
正次の父正勝は、家康が駿府の今川義元の人質であったときに近侍おり、正次もまた幼少時より家康の近侍し、大坂夏の陣では徳川方の和睦の使者となり、冬の陣でも秀頼を自刃に追い込むなど重要な働きをしていた。
阿部正勝は家康の関東入部の時には武蔵鳩ヶ谷で5千石を賜っており、阿部家は以後、数度に渡り加増を受け、岩槻には5万5千石で入った。

正次は寛永3年(1626年)大坂城代となり3万石を加増され、正保4年(1647年)に死去するまでその職にあった。この間、寛永14年(1637年)の島原の乱では迅速な対応を賞されている。
正次は城代として大坂城に常駐したために、岩槻藩の藩政は長男正澄により代行されたが、正澄は寛永5年(1628年)に36歳の若さで死去してしまい、二男重次を嫡子とした。
寛永15年(1638年)に正次は重次に4万6千石、孫の正令に1万石を分知し、重次に岩槻城を譲った。
重次は家光に近侍し、阿部忠秋や松平信綱らとともに六人衆と称され、家光の側近として幕政に参画し、寛永15年に老中に就任した。

重次は家光の信任が篤く、家光の弟で改易された駿河大納言忠長の自刃の検死役をはじめ、多くの重要問題処理を任された。
慶安元年(1648年)の家光日光社参の際には、岩槻城にて家臣の御目見えを許して、賜品をしている。
このように重次と家光の信頼関係は強く、慶安4年(1651年)に家光が死去すると重次は老中堀田正盛らとともに殉死している。
また重次家臣の新井頼母、小姓小高集之介、同山田馬之助、中小姓鈴木佐五右衛門の4人が重次に殉じている。

重次の跡を定高が継ぎ、万治2年(1659年)定高が病没すると、その世子正邦が幼少のために、定高の弟の正春が藩主となった。
重次が襲封したとき、もともと重次が得ていた1万3千石に正次から譲られた4万6千石を加えて岩槻藩は5万9千石となった。
重次には正保4年(1647年)1万石の加増があり、慶安元年(1648年)に正次が死去し、その遺領3万石を継いで9万9千石となった。

定高が襲封したときに新田1万6千石を弟正春に分与し、正春は三浦姓を称して上総大多喜に分家していたが、定高死去により宗家9万9千石を相続し、上総領1万6千石と併せて岩槻藩は11万5千石となった。これが岩槻藩最大の石高である。
正春は正邦が長じると、寛文11年(1671年)に岩槻本領の9万9千石を譲り、自身は1万6千石で上総大多喜に移った。
正邦はその後10年間藩主の座にあり、天和元年(1681年)に丹後宮津に転封となった。なお、城下渋江口に置かれて時を知らせた時の鐘は、正春の命により鋳造されたものである。

めまぐるしい藩主交代

阿部正邦転封の後は、下野烏山から板倉重種が6万石で入封した。重種は延宝8年(1680年)に老中に就任しており、また五代将軍綱吉の子徳松の担当である西ノ丸老中も兼務し、綱吉の側近の一人であった。
しかし岩槻藩主となって9ヶ月後に西ノ丸老中を罷免されて逼塞を命ぜられる。表面上は実子重寛と甥重宣による家督争いが原因とされたが、実際は六代将軍の座を巡る争いによるものとされる。
即ち重種は六代将軍に徳松を推したが、水戸光圀は甲府家の綱豊(のちの六代将軍家宣)を推し、その確執から綱吉により失脚させられたというのが真相らしい。
重種は所領返上を願い、天和2年(1682年)2月に1万石を減封されて信濃坂城に左遷された。重種の岩槻藩主在封は、わずか1年であった。

続いて岩槻藩主となったのは戸田忠昌で、忠昌もまた老中であった。忠昌もまた幕閣にあり、寛文4年(1664年)奏者番兼寺社奉行、延宝4年(1676年)京都所司代、天和元年(1681年)老中となった。
所司代であったために所領は畿内にあったが、老中就任1年後に1万石を加増され、5万1千石で岩槻に入封した。
忠昌の在封も4年ほどと短いが、その間に笹山村に溜井落し堀を造成し、その堀は忠昌が山城守であったことから山城堀と呼ばれる。忠昌は貞享3年(1686年)1万石を加増されて下総佐倉に移った。

戸田氏に代って丹波亀山から松平(藤井)忠周が入封したが、在封11年で但馬出石へ転じた。忠周は将軍綱吉の側用人を勤めて信頼厚く、また文武に優れて徳篤かった人物と伝わる。
次に岩槻藩主となったのは三河吉田から転じてきた小笠原長重で、長重は在封5年後の宝永7年(1710年)5月に致仕して子の長熈に家督を譲るが、9ヶ月後の正徳元年(1711年)2月に遠江掛川に転封となった。
小笠原氏二代の跡は永井直敬が信濃飯山より3万2千石で入封した。永井氏は直敬-尚平-直陳と三代続き、在封45年ののち宝暦6年5月に美濃加納(1756年)へ移った。
永井氏時代の享保13年(1728年)には四代将軍家綱以来66年ぶりに、八代将軍吉宗の日光社参があり、往路復路とも吉宗は岩槻に宿泊した。

大岡忠光

天正18年(1590年)の高力清長の入封からはじまり、166年間の間に高力氏二代、青山氏、阿部氏五代、板倉氏、戸田氏、松平(藤井)氏、小笠原氏二代、永井氏三代と16人が藩主を勤めた岩槻藩であったが、永井氏の跡は一転して大岡氏が八代に渡り廃藩置県まで藩主を勤めた。
大岡氏初代の大岡忠光は、江戸町奉行として知られる大岡忠相の一族で、旗本大岡忠利の子として生まれ、享保7年(1722年)に将軍吉宗に謁見、享保9年(1724年)に二の丸小姓となった。
翌享保10年に西の丸小姓となり、将軍世子家重付きとなって3百表を賜った。享保12年(1727年)従五位下出雲守に叙任、享保18年(1733年)に5百表加増のうえ采地を賜る。延享2年(1745年)御小姓組番頭、翌延享3年に将軍家重の御側衆となり1200石の加増を受けた。

家重は生来病弱のうえ言語が不明瞭であったが、忠光だけが家重の言語を理解し、その意図する所を伝えられたので、家重の絶大な信頼を得るとともに、なくてはならぬ存在となった。
そのために寛延元年(1748年)3千石を、宝暦元年(1751年)5千石をそれぞれ加増され、都合1万石となり上総国勝浦藩主となった。
宝暦4年(1754年)に若年寄となり5千石を加増、宝暦6年(1756年)に側用人となり従四位下に叙任、5千石を加増され武蔵岩槻藩主となった。

このように短期間に異例の出世を遂げたために家臣団を旗本の師弟や浪人から徴募せざるを得ず、そのたま家臣団は譜代性のほとんどないものになった。
また自身は幕閣にあったために、岩槻に入部したのは宝暦7年(1757年)4月の10日間だけであった。
側用人であり将軍家重の絶大な信任を得ていた忠光のもとには、多くの諸侯や旗本が誼を通じに来たが、忠光は古武士然としたところのある人格者で、決して奢ることなく謙虚に人の意見を聞いたので、多くの人から慕われたという。

新たに仕官したなかに山県大弐という人物がいた。甲斐国巨摩郡篠原村の出身で、医師として優れた手腕を持ち、四谷で医業と家塾を開いていた。
大岡家に仕官し、やがて忠光に重用されるようになる。忠光が大弐を重用したのは、その博識によるものだという。
若年寄、側用人としてその政務上のことも、大弐に意見を求めたほどであった。しかし大弐は勤皇論者であり、幕政には批判的であった。
反幕勤皇の書である柳子新論を著し、それは宝暦9年(1759年)に完成したが、翌宝暦10年に忠光が死去すると致仕して江戸市中に住し、塾を開く傍ら勤皇を説き幕政批判を行った。
やがて密告によって幕府に捕らえられて死罪となったが、この報に接すると藩では大弐関係の書を全て焼き棄て、大弐学派(闇斎学派)を排斥した。

大岡氏前期の藩政と児玉南柯

大岡氏初代の忠光は宝暦10年(1760年)4月に死去し、その跡を長男忠喜が継いだ。忠喜の代では安永3年(1774年)城下に大火があり、城内にも延焼したために、幕府に2千両を拝借して復興に宛てた。
安永5年(1776年)には十代将軍家治の日光社参があり、往復とも岩槻城に宿泊し、藩を挙げて対応した。
安永9年(1780年)5月には岩槻藩領であった安房国朝夷郡南朝夷村に清国の商船が漂着し、郡奉行児玉南柯を派して誤りなく対応した。

忠喜は天明2年(1782年)3月に病のために致仕して、長男忠要に藩主の座を譲った。忠要は襲封時まだ17歳の若さであったが、在封4年余りの天明6年(1786年)9月に21歳の若さで病没してしまう。
忠要の跡は弟の忠烈が継ぎ、寛政9年(1797年)3月に致仕するまで10年余りにわたり藩主を勤めた。
この忠要と忠烈の時代には天明の大飢饉が起り、また浅間山噴火、利根川の洪水など天災が相次いで藩財政は危機に瀕し、天明7年(1787年)には城下で打毀しも起きた。
忠要は藩財政再建のために郡奉行児玉南柯を勝手向取締役に任じ、南阿は忠烈の時代にかけて5ヵ年の倹約令を発したが危機の打開には程遠かった。

忠烈致仕により家督を継いだのは養子忠正であった。忠正は伊勢国東阿倉川藩主加納久周の三男として生まれた。
加納久周は初代大岡忠光の二男であり、したがって忠正と忠要・忠烈は従兄弟の関係で、そのために子に恵まれなかった先代忠烈の養子となった。
忠正は藩主となると士風刷新を目指し、文武の奨励のために寛政11年(1799年)児玉南柯に命じて私塾遷喬館を設けた。
また、自ら率先して倹約を行い、寛政の改革にも忠実であった。篤実であり、孝に篤く、仁慈に満ちた模範的な藩主で、のちに中興の英主と称えられた。

大岡氏前期の岩槻藩政において最も重要な人物に児玉南柯がいた。南柯は、武蔵の豪族豊島氏の後裔であったが、絵島事件に連座して放逐され不遇を囲い、宝暦6年(1756年)岩槻藩士児玉親繁の養子に入った。
己に厳しく、他人には寛容で慈愛溢れる人柄であったといわれ、向学心が高い勤勉努力型であったとする。
宝暦11年(1761年)に大岡氏二代忠喜に小姓として仕え、安永4年(1775年)に若君養育係、安永7年(1779年)に飛地の房総領奉行、天明2年(1782年)側用人となった。

天明4年(1784年)に勝手向取締役となり、藩財政立て直しに注力するが、天明8年(1788年)に配下藩士の公金横領事件の責任を取り減禄される。
しかし藩主忠烈の信任は失わず政務顧問として藩政に携わった。忠烈を継いだ忠正にも重用されて、私塾遷喬館を創設して子弟教育の場とした。
遷喬館は文化8年(1811年)には藩校となり、武芸稽古所を隣接した。このように晩年は教育に情熱を注ぎ、文政13年(1830年)正月4日に85歳で病没、岩槻藩に生涯を捧げた人物であった。

大岡氏後期の藩政と藩の終焉

中興の英主と称えられた忠正は、文化13年(1816年)閏8月に36歳で病没し、養子で弟の忠固が藩主となった。
忠固の時代は藩財政の逼迫、飢饉、世情不安、農民層の抵抗の激化、異国船来航など多くの重大問題に悩まされた時代であった。
天保7年(1836年)8月には米価高騰により岩槻城下で一揆が起きたが、なんとか沈静化させた。
このような状況の中、天保7年9月に若年寄となり、天保15年(1844年)5月には江戸城本丸普請奉行を勤め、その功により弘化3年(1846年)に3千石を加増された。

また天保14年(1843年)には将軍家慶の日光社参が行われ、往路復路とも岩槻城に将軍が宿泊し、このために城内の整備修復に多くの費用が費やされた。
この日光社参は天保の改革の一環であり、将軍の権威を示すデモンストレーションであった。このために幕閣の一員であった忠固は率先して協力せざるを得ない立場であった。
また、この後も幕命により江戸湾警備のために大砲や小銃を鋳造、また藩領であった上総勝浦、安房前原に海上警備の兵を派した。これらによって藩財政はさらに逼迫した。

忠固は苦しい財政状態のなか、幕閣の一員として幕末の動揺期の藩政の舵取りを行い、嘉永5年(1852年)6月に死去し、三男忠恕が藩主となった。
忠恕の代では、文久2年(1862年)皇女和宮降嫁の際に道中警固を命じられ、助郷人馬のほかに藩士34名を派遣したが、この負担で村々は大きく疲弊した。
また安政2年(1855年)地震により城内に被害が出て、同4年に金千両を幕府より借り受けた。水戸天狗党の乱では幕命により追討軍を派遣し、その残党30名を預けられた。

忠恕は幕末の緊迫した情勢のなか、慶応2年(1866年)3月に長男忠貫に家督を譲り隠居した。忠貫は岩槻藩最後の藩主で、その襲封直後に武蔵国秩父郡名栗村の農民が米価引下げを要求して蜂起した。
この一揆はたちまち広がり、武蔵国7郡、上野国2郡に拡大した。いわゆる武州世直し一揆である。
この一揆は岩槻藩には波及しなかったが、忍藩・高崎藩とともに鎮圧のために出兵した。続く戊辰戦争では新政府軍に恭順し、東山道総督の命により幕府脱走兵の追討にあたった。
明治の世になり、明治2年(1869年)の版籍奉還を経て、明治4年(1871年)7月に廃藩置県により岩槻藩は消滅して岩槻県となり、さらに同年11月に埼玉県に編入されて名実ともに終焉となった。

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、新編物語藩史(新人物往来社)、岩槻城と城下町(さいたま市立博物館)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ
江戸三百藩の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -