歴史の勉強

西大平藩

藩主 在任 石高(万石) 特記
大岡忠相 寛延元.閏10〜宝暦元.12
1748〜1751
1.0  
大岡忠宜 宝暦2.2〜明和3.8
1752〜1766
1.0  
大岡忠恒 明和3.10〜天明4.5
1766〜1784
1.0  
大岡忠與 天明4.5〜天明6.10
1784〜1786
1.0  
大岡忠移 天明6.11〜文政11.11
1786〜1828
1.0  
大岡忠愛 文政11.11〜安政4.10
1828〜1857
1.0  
大岡忠敬 安政4.11〜
1857〜
1.0  


江戸町奉行大岡越前守忠相といえば、知らぬ人はいないほどだが、三河国西大平藩はその忠相が立藩した藩である。
忠相は旗本大岡忠高の四男として生まれ、貞享3年(1686年)に同族の大岡忠真の養子となり、元禄13年(1700年)7月に家督を継いで1920石の旗本となる。
元禄15年(1702年)御書院番、宝永元年(1704年)徒士頭、宝永4年(1707年)御使番、翌宝永5年目付、正徳2年(1712年)山田奉行、享保元年(1716年)普請奉行、翌享保2年江戸町奉行となり越前守に改める。
忠相は江戸町奉行を19年に渡り勤め、すぐれた能力を発揮して後年にも名奉行として知られている。また地方御用掛を兼務した。元文元年(1736年)に寺社奉行となり、寛延元年(1748年)には奏者番を兼ねた。

この間、享保10年(1725年)武蔵、上総両国内で2千石、元文元年(1736年)上野、下野両国内で2千石をそれぞれ加増され官棒と合わせ1万石格となり、寛延元年(1748年)に官棒に代えて三河国内で4千80石を加増されて都合1万石となり陣屋を額田郡西大平に構えて西大平藩を立藩した。
忠相は西大平の地には入ることなく、3年後の宝暦元年(1751年)12月に死去し、その跡を二男忠宜が継ぎ、その後忠恒-忠與-忠移-忠愛-忠敬と継承して廃藩置県を迎えた。
幕末期、最後の藩主忠敬は当初佐幕であったが鳥羽伏見の戦い後は、小藩故に大勢に順応せざるを得ず官軍に従い、挙母藩や田原藩とともに官軍の輸送の任にあたった。
なお、西大平藩大岡氏は参勤交代を行わない定府大名であった。

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、新編物語藩史(新人物往来社)、藩と城下町の事典(東京堂出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ
江戸三百藩の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -