歴史の勉強

木本藩

藩主 在任 石高(万石) 特記
松平(越前)直良 寛永元.6~寛永12.8
1624~1635
2.5 新封
越前勝山へ

慶長6年(1601年)に徳川家康二男の結城秀康が越前一国を与えられて福井藩主となると、木本にはその家臣加藤康寛が5千石で配された。
その後、寛永元年(1624年)に秀康六男の松平直良が2万5千石で封ぜられて木本藩が成立したが、寛永12年(1635年)に直良は越前勝山に移り、木本藩領は福井藩に編入されて、木本藩は廃藩となった。

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、新編物語藩史(新人物往来社)、藩と城下町の事典(東京堂出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ
江戸三百藩の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -