歴史の勉強

越後福島藩

藩主 在任 石高(万石) 特記
堀忠俊 慶長12〜慶長15.閏2
1607〜1610
45.0 改易
松平(長沢)忠輝 慶長15.閏2〜慶長19.8
1610〜1614
75.0 信濃川中島より
越後高田へ

越後春日山城主堀氏は45万石の大封を得、謙信以来の山城であった春日山城を廃し直江津の東に福島城を築いた。しかし、一族の内紛から慶長15年に改易、福島にはその翌日、家康六男の忠輝が入り75万石を領した。
忠輝は水難を避けるために、南8Kmの菩提ヶ原に新城を築き、高田城と名付け慶長19年(1614年)に完成とともに移り、越後福島藩はわずか7年で終った。

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ
江戸三百藩の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -