歴史の勉強

富田藩

藩主 在任 石高(万石) 特記
蜂須賀隆重 延宝6.10~宝永4.8
1678~1707
5.0 延宝6(1678)新封
蜂須賀隆長 宝永4.8~正徳4.9
1707~1714
5.0  
蜂須賀正員 正徳4.11~享保13.1
1714~1728
5.0 徳島藩七代を継ぐ

徳島藩の支藩である富田藩は、徳島藩三代藩主蜂須賀忠英の二男隆重が、徳島藩五代藩主綱矩に新田分5万石を分与されて立藩した。藩庁は徳島城下の富田(現在の県庁)に置かれ、以後富田藩と呼ばれる。領地は阿波国内2万石、淡路国内に3万石と分かれていた。
隆重の跡、隆長、正員と継いだ。正員は宗家の綱矩の第6子であったが、宗家の世子となり享保13年に徳島藩主となり、富田藩は廃藩、その領地は徳島藩に収公された。

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、新編物語藩史(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ
蜂須賀氏のページに戻る
江戸三百藩の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -