Prefecture Road Yamanashi
Driving Report

307  石和温泉停車場松本線
JR中央線石和温泉駅前を左折して、商店が並ぶ中を線路と平行に進み、左折して踏切を渡り市街地を少し進んだR140交点が終点です。(Apr.2014)
401  市川大門停車場線
JR身延線市川大門駅からr3までの、わずか66mほどの停車場線です。市川大門駅の駅舎は市川大門町が誇る大門碑林を模したものになっています。(May.2002)
402  鰍沢口停車場線
JR身延線鰍沢口駅とr9の間の72mほどで、停車場線というより駅前広場の延長です。(May.2002)
408  甲斐上野停車場線
JR身延線甲斐上野駅から住宅の間を縫いr4に至る、短い停車場線です。センターラインはありませんが道幅は広く、交通量もほとんど無いのですれ違いの心配は要りません。(May.2002)
501  猿橋停車場線
JR中央線猿橋駅から住宅の間を縫いR20とを結ぶ100mほどの停車場線で、狭く路面状態も悪い道路です。(May.2002)
502  大月停車場線
JR中央線大月駅からまっすぐR20に伸びる短く狭い駅前通りで、店舗などが並んでいます。(May.2002)
503  初狩停車場線
JR中央線初狩駅から、住宅が並ぶ中を150mほど走りR20に突き当たる短い停車場線で、センターラインはありません。(May.2002)
504  笹子停車場線
JR中央線笹子駅とR20を結ぶ単なる狭い坂道で、沿道には何もありません。(May.2002)
505  小和田猿橋線
R139小菅方面とR20東京方面を短絡する道路で、大月市内だけを走ります。
山と川と林と住宅がセットになり、ほとんど1.5車線幅がクネクネと続く山梨らしい道路です。中央道の下を潜るあたりは、中央道の巨大な橋脚と高架橋がアクセントになっています。(Jan.2001)
506  新田松留線
上野原町のr35から分岐し、桂川に沿って進み、JR中央線を潜ってR20にぶつかって終わる1.4Kmほどの道路で、全線2車線あります。(Jan.2001)
507  野田尻四方津停車場線
旧甲州街道であるr30から大野貯水池近くを通り一旦R20に出て、JR中央線四方津駅前までの4q弱の道路で、山中の1.5車線区間がほとんどです。(Jan.2001)
602  武田八幡神社線
韮崎のr17交点から始まり、すぐにR20と交差し、武田橋で釜無川を渡ります。橋詰で右折し釜無川に沿って進んだあと左に曲がります。田園風景となりr12を越えると1.2車線の住宅街の狭隘区間となり、終点の武田八幡神社に至る距離約2.5qの路線です。(Dec.2013)
603  穴山停車場線
中央道須玉ICに近いR141交点桐の木橋交差点が起点で、暫くは平坦な田園風景の中を行きます。その後は雑木林の中を上り、上りきる直前に穴山温泉があります。その先から住宅が続き、r17に合流して重複区間となります。穴山駅前で左折し1.5車線路を少し走ると終点のJR穴山駅です。(Dec.2013)
604  小倉百観音線
北杜市内だけを走る約2qほどの県道で、起点はr601交点です。終点はr621交点で増冨ラジウムラインの一部を構成しますが、全線センターラインがない貧弱な路線です。終点付近は市役所も近く集落を構成していますが、大半は農村や雑木林です。(Dec.2013)
606  台ヶ原長坂線
起点は旧白州町R20交点。終点は旧長坂町の長坂駅近くのr17交点で、距離約5.5qです。かつては釜無川に架かる花水橋までは狭隘路でしたが、2車線に拡幅され走り易くなっています。起点から急カーブで坂を上り、その後はほとんどが山林の中のカーブが続きます。交通量はほとんどありません。(Dec.2013)
607  北原下条南割線
韮崎市内のみを走り、r613とR52とを結びます。ほとんどの区間が長閑な田園地帯を走る2車線ですが、甘利小学校付近は集落内の1.5車線で見通しもよくありません。交通量は全線にわたり少なめです。(Apr.2014)
610  原浅尾韮崎線
長野県川上村のr68を起点に韮崎までの県道で、長野県側の県道番号はr106になります。
山梨県側は県境の信州峠からで、信州峠からr23交点までは基本的には1.5車線、一部に2車線が混じります。
峠へのアプローチ区間は山道ですが、釜瀬林道交点付近は観光整備で拡幅され、塩川ダム建設によりr23交点付近は付け替えられて立派な道路になっています。r23交点から韮崎まではr23と長い重複です。(Oct.2002)

Page5へ
山梨県道一覧にもどる
山梨県道のメインページにもどる
Last modified -