Prefecture Road Yamanashi
Driving Report

101  敷島竜王線
起点は甲斐市上福沢r27交点、旧敷島町の山の中です。連続下り勾配で山林の中を進み、その後は畑の中、さらに平坦になると旧敷島町の中心部の市街です。その後r25と重複し、中央道とJR中央線を潜り、竜王駅前を通って旧竜王の市街地を抜けたR52交点が終点です。ヘキサはありませんが、こういうものがありました。(Jun.2006)
102  酒折停車場線
JR中央線酒折駅とR411を結ぶ約130mの短い道路で、商店や駐車場があるだけですが、2車線確保され歩道や路側帯も広く、電柱はなく街路樹が植わる整備された駅前通りです。(Apr.2014)
103  南甲府停車場線
JR身延線南甲府駅とr22を結ぶ450mほどの停車場線で、朝気通りと呼ばれ、全線2車線の市街地を行く道路です。(Jun.2006)
105  一軒茶屋荊沢線
R52とr26をほぼ直線で結ぶ結ぶ道路ですが、R52甲西道路付近を除けば1.5車線です。道路自体は平坦で沿道には住宅なども多く建っています。交通量も比較的多めです。(May.2002)
106  中下条甲府線
甲斐市r6交点東町交差点が始まりで、市街地を南に進んで甲府市に入り、JR中央線を陸橋で越えます。向きを東に変えますが市街地は相変わらずで、終点まで続きます。終点は甲府駅や県庁近くのr6交点です。飯田通りと呼ばれます。(Apr.2014)
107  飯野新田白根線
南アルプス市のr12とR52を結ぶ、全線2車線、畑や果樹園の中を行く交通量の少ない道路です。(Jun.2006)
109  善光寺線
甲府市のr6とR411とを結ぶ道路で、起点付近に名刹善光寺があります。何の変哲もない2車線の市街地道路で、通称善光寺通りと呼ばれます。(Apr.2014)
111  緑ヶ丘運動公園線
甲府市のr6から緑ヶ丘スポーツ公園までの道路で、r6から2車線の市街地道路でスタートし、スポーツ公園まで一直線です。野球場を回り込むように進み、プールの脇を走りますが、どこが終点かは不明です。(Apr.2014)
116  臼井阿原竜王線
起点は釜無川にかかる鏡中条橋東の交差点で、アピタのあるところです。他の県道とは接続していません。ここから釜無川の東岸を2車線でひたすら走る堤防道路で、左側に釜無川、右側は最初は工場ですが、r5交点から先は細長いスポーツ公園が続きます。終点はr20交点です。(Apr.2014)
117  小瀬スポーツ公園線
甲府市の南東部、笛吹川に近い小瀬スポーツ公園とR20とを結ぶ約1.4Kmほどの路線で、通称けやき通りと呼ばれます。その名の通り街路樹としてけやきが植わる落ち付いた道路です。全線車線幅の広い2車線で、快適に走行できます。(Jun.2006)
119  愛宕山公園線
愛宕山スカイラインの愛称があり、起点は武田神社の少し甲府駅寄りのr31交点で、しばらくは市街地を走ります。護国神社の鳥居をくぐった先に山梨県護国神社があります。
信玄池の脇や信玄公墓所の近くを通り、つつじが崎霊園の中を進みます。その先は山林で急勾配と急カーブが続き、愛宕山公園の中を抜けて急カーブで坂を下りると終点のr6交点です。(Apr.2014)
202  山梨市停車場線
JR中央線山梨市駅前から始まりますが、起点のこの付近はよく整備され、JR中央線との交差も陸橋になっています。JR中央線を越えるとr303との分岐で、その先から暫くは1.5車線で市街地を進みます。最初は商店街、その後は住宅地です。
r208交点の下石森交差点から畑が目立ち、重川を渡ると再び住宅が多くなり、その先のR411交点が終点です。距離は約3.1Kmあり、停車場線としては比較的長めです。(Jun.2006)
204  休息山梨線
路線名の休息は甲州市となった旧勝沼町の地名です。R411山区交差点から始まり、最初はぶどう園のあいだを走り、山梨市に入った木戸交差点付近から住宅が増えてきます。
JR中央線の踏切を渡った、東山梨駅近くの市街地で終点となります。ほとんど全線が1.5車線で、距離は約2.5Km、交通量は少なめです。(Jun.2006)
214  休息勝沼線
路線名の休息は甲州市となった旧勝沼町の地名です。R411山区交差点から始まり1.5車線でぶどう園が多くある中を進み、途中から2車線になります。
ぶどう棚が連なる農村部のカーブの多い道路で、距離は約3.6Km、全線に渡り交通量は多くありません。(Jun.2006)
216  万力小屋敷線
山梨市のR140との交点のフルーツ公園入口交差点が起点で、近くには笛吹川沿いに万力公園があります。すぐに笛吹川を根津橋で渡り、山梨市駅前でr303と分岐するところまでは、整備された2車線です。
山梨市駅前で左折しr303と分かれると、1.5車線で山梨市街地を走ります。r204交点で左折すると2車線市街地路で、旧塩山市域に入り、JR中央線の踏切を渡ると旧塩山市(現在は甲州市)の中心部となり、道幅は1.5車線となります。
市街地を暫く進んだ甲州市役所、塩山駅に近いr38交点が終点で、この付近はけっこう狭いわりに、交通量があります。(Jun.2006)
302  石和温泉停車場線
JR中央線石和温泉駅を起点にし、R411までは温泉地の玄関らしく整備された2車線で、土産物店なども並びます。R411交点で左折して重複ののち右折して分かれます。鵜飼橋で笛吹川を渡り郊外部の2車線となって終点のR20交点に至ります。終点のR20は立体で、この道路はそのままr311に繋がっています。(Apr.2014)
303  市之蔵山梨線
起点の市之蔵は笛吹市の旧一宮町にある、r34との交点です。起点から暫くは住宅地で、その後はぶどう園や畑が増え始め、R20を渡ります。その先で右折し、すぐに左折します。ここに浅間神社があり、この付近が旧一宮町の中心です。
その先からは農地と住宅地が混在し、矢作橋で日川を渡ると山梨市に入ります。暫く走った上石森交差点付近から住宅地となり、r202と重複しJR中央線を陸橋で越えます。山梨市駅前を通り、r216との重複となり笛吹川を渡ったR140交点が終点です。(Jun.2006)
305  竹居御坂線
市町村合併で今では笛吹市内だけを走る県道ですが、合併前の八代町r36と御坂町r34とを結びます。ほぼ全線がぶどう園などが並ぶ農業地帯を行き、センターラインはありませんが、道幅は広くすれ違いも問題ありません。終点付近のみ住宅が密集しています。交通量もほとんどありません。(Jun.2006)
306  田中勝沼線
笛吹市となった旧一宮町のR411交点が起点で、ほぼ真っ直ぐに東に向かい、中央道勝沼IC近くのR20交点が終点です。距離は約5.5Kmほどで、全線1.5車線です。
起点付近は比較的農地が多くあるものの、住宅もそこそこ建っています。甲州市となった旧勝沼町内に入ると、ぶどう園やワイン醸造所が多く並ぶようになります。交通量は少なめです。(Jun.2006)

Page4へ
山梨県道一覧にもどる
山梨県道のメインページにもどる
Last modified -