Prefecture Road Toyama
Driving Report

22  富山停車場線
起点は富山駅、終点は市内のR41、路線長約1qで、道路中央を富山地方鉄道市内線が走ります。沿道はビジネス街で華やかさはありません。(May.2002)
23  高岡停車場線
JR高岡駅から4車線で進む駅前通りで、さすがに中核都市だけあって駅前は交通量も多く活気があります。道路中央には加越能鉄道万葉線の線路があります。終点はR156交点で距離は約450mです。(May.2003)
24  伏木港線
高岡市の伏木港から高岡市街地のR156までの約5.3Kmほどの主要道です。
起点伏木港は小矢部川の河口に広がる港で、そこから市街地2車線で進み、JR氷見線の踏切を渡り伏木駅前を通過します。その後は左手にはJR氷見線が走り工場などが多く建っています。
暫く行くとR415と重複しますが、ここからは4車線となり、R415が左折して分かれると加越能鉄道万葉線が道路中を走るようになり、内側車線は右折車線となります。高岡市役所や高岡城址が近いR156交点が終点です。(Aug.2004)
29  高岡羽咋線
石川県とのまたがり県道です。高岡市のR8交点が起点で、起点から小矢部川までは市街地ですが、それ以後は徐々に田畑が広がり、更に進むにしたがって田畑も少なくなって山林となります。
集落がところどころありますが、ほとんどが山林地帯となり、上り勾配が続くようになり、やがて県境となります。
石川県内を含め全線2車線あり、交通量は少なく快走できます。高岡にはR8とr32間にBPが開通しています。(Aug.2004)
30  富山港線
富山港と富山市内中心部のR41を結ぶ主要地方道です。
起点から暫くは港近くの雰囲気の中を2車線で進みますが、日本海側の港らしく時々ロシア文字の看板もあります。JR富山港線が近づくと一旦r1と重複し、R415と重複するr1を分けた後は、市内中心部に向け一直線に南下します。
R8交点付近と終点近く1qほどが4車線ある他は2車線です。すぐ西側をJR富山港線が並行します。(May.2002)
31  小杉婦中線
起点は射水市となった旧小杉町のr44戸破交差点で、すぐにJR北陸線の踏切を渡り、田畑の目立つ中を走ってr9に至ります。
r9と短い重複のあと左折し、r9BP交点までは住宅地の中で、その後はr41交点まで田園地帯が続きます。この間に富山市に入り、北陸道を潜ります。
今は富山市に合併した旧婦中町域に入ると雑木林が続き、長い坂を下ると終点のR359交点になります。距離は約7.5Kmで全線2車線あります。(Aug.2004)
32  小矢部伏木港線
小矢部市の中心、JR北陸線石動駅近くのR471交点から始まり、1.5車線で住宅地を抜けていきます。電柱が道路に飛び出していて走りにくく、主要道のスタートとしてはお粗末ですが、すぐに小矢部の中心部に入ります。
中心部ではさすがに2車線ありますが、r72交点からは再び狭くなり、1〜1.5車線で住宅密集地を抜けます。
左折して小矢部市街から来る2車線路に合流し、やっと主要道らしくなりR8と重複します。重複区間は短く、左折してR8と分かれると田園地帯となります。南側には小矢部川が少しはなれて流れています。
高岡に入り暫く田園地帯を走ると左側に能越道が並行し、能越道高岡北IC〜R160までは高速アクセス道路となり4車線化されています。
R160を過ぎると2車線に戻りr255交点で左折しセンターラインが消え集落の中を走ります。集落を抜けでるとセンターラインが復活し、雑木林や田園の中となり、その後右手に小矢部川が沿います。その先でR415に合流し、R415〜r24と重複し伏木港が終点です(Aug.2004)

Page3へ
富山県道一覧にもどる
富山県道のメインページにもどる
Last modified -