Prefecture Road Toyama
Driving Report

2  魚津生地入善線
魚津の起点は海沿いのr1及びr52交点で、すぐに左側に魚津港があります。右側には魚津に市街地が広がっています。魚津港を過ぎると暫くは富山湾に沿って進む快適な2車線となります。
魚津市北西部の経田駅付近の市街地ではクランク状に曲がります。経田駅付近は住宅や商店が密集する上に、道幅は狭くセンターラインもなくなります。
片貝川を渡る落合橋から2車線に戻り、黒部市に入り富山地方鉄道石田駅近くの市街地を抜けます。この先からは田園と住宅が混在する2車線となり、黒部川を渡ります。
黒部川を渡ると入善ですが、暫くは同じような景色が続き、JR北陸線を陸橋で越えると入善市街地となります。市街地の中を暫く2車線で走ると入善駅の近くで終点となります。距離は約20qほどあり、交通量は比較的多めです。 (Aug.2004)
4  富山上市線
富山市新庄町R41交点から、上市町のr3交点までの約9.3Kmの路線です。
起点から常願寺川までは両側にぎっしりと住宅などが並び、常盤橋で常願寺川を渡ると田畑が徐々に混じるようになります。上市町に入ると再び市街地となります。
全線2車線あり、交通量は多めです。全線に渡り南側を富山地方鉄道本線が並行します。(Aug.2004)
9  富山戸出小矢部線
起点は富山市郊外のr44との交点、茶屋町交差点で暫くは郊外の住宅地の中を進み、r41交点を過ぎると田畑が目立つようになります。
射水市となった旧小杉町域に入ると沿道には民家や商店、工場が並び、さらに太閤山の戸建て住宅団地の中を走ります。
その後は田園や雑木林が多く高岡市中田の集落を抜けると庄川を中田橋で渡ります。庄川を渡ったところが高岡市戸出地区でJR城端線が走り、市街地化されています。
その後は再び田園地帯となり、砺波市北部を横切り小矢部市に入ります。小矢部市内はr368交点までは田園の中の改良済み2車線でその間に能越自動車道を潜ります。r368交点から終点のr43交点までは狭い2車線路です。(Aug.2004)
20  砺波福光線
砺波市街地の外れのR156交点が起点です。砺波の市街地を抜けるのですが、市街地内はほとんどが1.5車線で、沿道には商店や住宅が建ち並んでいます。市内広上町南の交差点で2車線となりますが、同時に市街地から郊外の雰囲気に変わります。
R359を過ぎると4車線となりますが、福野町に入ると2車線に戻ってしまいます。福野も街中を抜けますが、規模が小さくあっという間に抜けてしまいます。
福野市街を抜けるとJR城端線と並走します。田畑が多い中にGSや中小の工場や作業場などがある風景が暫く続き、やがて福光町に入ります。福光に入って少しすると再び市街地となって、福光駅近くのR304交点が終点です。
距離は約12q程で、砺波市街地を除き2〜4車線あり走行は問題ありませんが、交通量も多い路線です。(May.2003)

Page2へ
富山県道一覧にもどる
富山県道のメインページにもどる
Last modified -