477  亀戸葛西橋線

江東区亀戸九丁目〜江東区東砂六丁目 2,748m


江東区と江戸川区の境界をなす旧中川に架かるR14江東新橋の江東区側にある亀戸九丁目交差点が起点で、ここからr10葛西橋通りまで真っ直ぐに南下します。
新六の橋で竪川を渡りますが、ここでは首都高速7号小松川線が横切ります。その先の左側には都営住宅があり、その奥に大島小松川スポーツ公園があります。そして公園地下は都営地下鉄新宿線の車庫になっています。
r50新大橋通りと都営新宿線を過ぎると小名木川に架かる番所橋を渡ります。小名木川は江戸時代に発削された運河ですが、その運河に入る船番所がここに置かれていたことから橋の名がつけられました。
番所橋を渡るとマンションなどが多く建ち並ぶ市街地を進んで、葛西橋の下でr10にぶつかります。左折してr10と重複し少し走ったr477交点が終点です。ほぼ全線4車線となっています。
(May.2006走行)
もどる

Last modified -