455  本郷赤羽線

文京区弥生一丁目〜北区赤羽西六丁目 9,329m


起点はR17交点の東大農学部前交差点で、右手は東大敷地です。すぐに地下鉄南北線の東大前駅があり、その先からは寺院の多い中を走ります。室町時代後期に創建された曹洞宗の名刹吉祥寺もあります。
この付近に寺院が多いのは江戸時代明暦の大火で、それまで市中にあった寺が移転してきたためといわれています。ちなみに吉祥寺も明暦大火の際に神田から移転して来ました。そのときに神田の吉祥寺門前の人々が別の場所に移ったのが、中央線の吉祥寺の始まりです。

吉祥寺の先でr437不忍通りとの交差点を過ぎると左手には柳沢家の下屋敷跡の六義園があります。六義園が終ると駒込駅で、陸橋で山手線を越えると商店街が暫く続きます。
北区に入り旧古河庭園脇を走り、暫く行くと右手にあるのが飛鳥山公園です。江戸時代からの桜の名所であり、江戸時代の大観光地です。R122と短い重複をしますが、この重複区間には都電荒川線が中央を走ります。
音無橋でR122は右に別れ坂を下って行きますが、r455の方は左に入ります。音無橋までは4車線ありますが、ここから北区役所前までの短い区間は起点方向3車線、終点方向1車線の変則的な4車線、さらにその先は2車線となります。

マンションなどが建ち並ぶ市街地を走り、十条台小学校のところで左に大きくカーブしますが、その手前から王子三丁目まで支線が出ています。支線はすぐに陸橋になってJRの在来線の線路を跨ぎ、その先で東北新幹線の下を潜り、陸橋を下って王子三丁目に至ります。
本線の方は陸上自衛隊十条駐屯地の脇を走り、十条駅前でJR埼京線の踏切を渡ります。環七との交差は姥ヶ橋陸橋で潜り、その先には国立西が丘競技場があります。さらに住宅地を走りr455交点の善徳寺前交差点が終点です。
(Jan.2006走行)


もどる

Last modified -