418  北品川四谷線

品川区北品川三丁目〜新宿区富久町 8,595m


起点の北品川二丁目から大崎郵便局前まではr317山手通りとの重複区間です。この区間の山手通りはJR線のガードの部分が1車線になったり、急カーブが連続したりするなどしていますが、交通量もさほど多くはなく比較的スムーズに走れます。
大崎陸橋でJR山手線を越え、左手に東急池上線の大崎広小路駅を見た後は8車線の大通りになり、大崎郵便局前で右折しr418単独区間に入ります。ここから上大崎までの間は、道路中央に首都高速2号線が走り、それを挟む形で上下各2車線が続きます。
上大崎で右折し白金台まで4車線でr312目黒通りと重複します。白金台で左折して再びr418単独となり、ここから終点までの区間が外苑西通りとなります。

白金台から白金の街中を進み、首都高速2号線を潜ると右折し天現寺橋となります。天現寺橋の先は広尾から西麻布の繁華街ですが左側にある都営住宅は都電の広尾車庫の跡地に建ったものです。
聖心女子学園の前を経て西麻布の交差点で首都高速4号線を潜ります。その先のY字路は左に進み青山霊園の西側をなぞるように走ります。
青山通りを越えて少し行くと道路名にもなった神宮外苑の西側に出ます。すぐ右側には国立競技場があります。千駄ヶ谷駅の東側でJR中央線のガードを潜り、新宿御苑の端をかすめて四谷の町並みを見ながら進み、四谷四丁目でR20を越えて、江戸時代に甲州街道に江戸への出入口である四谷大木戸に由来する大木戸坂を上ったところが終点の富久町西です。
(May.2009走行)
もどる

Last modified -