413  赤坂杉並線

港区赤坂二丁目〜杉並区松庵一丁目 11,542m


起点は日枝神社下の山王下交差点で、近くには首相官邸や米国大使館など重要施設が多くあるところです。ここから赤坂の繁華な街並みの中を通る通称赤坂通りとして始まります。TBSの前を通り、r319外苑東通りの乃木坂陸橋を潜って、乃木坂トンネルを抜けます。
乃木坂トンネルを出たところが青山墓地の中央で、青山墓地の真ん中を走り抜けて、r418外苑西通りを陸橋で跨ぎ、南青山四丁目で右折します。ここには根津美術館があり、一歩入れば閑静な街並みが続くところです。
少し行くと表参道の交差点でR246青山通りを越えて、明治神宮の表参道になります。道幅も4車線に広がり、原宿駅前を左に入って神宮橋でJR山手線を跨いで、代々木公園と国立競技場、NHKの間の道となります。

代々木公園の終わった所から井の頭通りとなって、富ヶ谷の交差点でr317山手通りを越え、暫くすると2車線に戻ります。沿道にはマンションが多く建っています。
代々木上原駅のところで小田急線の高架を潜り、世田谷区に入ります。r318環七通りを越え住宅地となって、道なりに右左折すると京王線の線路に沿い、南側に回りこんで京王線の踏切を渡ります。
踏切を渡ったすぐ先がR20甲州街道交点で、甲州街道の上には首都高速4号線が走っています。R20から先は4車線になって市街地を進みます。すぐ左側には京王井の頭線の線路があり、永福町・西永福・浜田山などは比較的駅の近くを通りますが、建物が邪魔で鉄道自体は見えません。
西永福から浜田山駅入口の間はr14との重複区間で、浜田山駅入口から先は単独区間に戻り、少し行くと終点となります。井の頭通りの名称は、ここからr7に引き継がれます。ほとんど全区間で交通量が多い道路です。
(Jul.2007走行)
もどる

Last modified -