315  御徒町小岩線

台東区台東二丁目〜江戸川区西小岩一丁目 10,625m


蔵前橋通りの大部分を構成する道路で、起点はR4交点台東一丁目交差点です。下町とはいえビルが建ち並ぶ中を4車線で進み、鳥越神社を過ぎるとR6を越え、その先が隅田川を渡る蔵前橋です。
蔵前橋を渡ると台東区から墨田区になり、JR総武線と平行して墨田区を横断します。r463交点を右折すると両国駅、r465交点を右折すると錦糸町駅に出ます。
天神橋で横十間川を渡ると江東区に入り、北側には亀戸天神があります。亀戸地区を東に進み、旧中川を江東新橋で渡ると江戸川区になります。
平井駅の北側を走り、今度は平井大橋で荒川と中川をまとめて渡ります。この橋の途中に首都高速中央環状線の平井大橋の出入口があります。
橋の途中で葛飾区となり、橋を渡り終えると新小岩駅のすぐ近くを抜けます。ここはかなり交通量が多く、r308交点を中心に混雑が激しいところでしたが、2車線ながら高架橋ができ、かなりスムーズに走れるようになりました。
r318環七通りとの交点は環七側が立体交差で上を走り、その先で新中川を渡ると再び江戸川区に入って、少し行ったr60交点が終点です。
道路はr60と合流し、さらにその先でR14とも合流、市川橋で江戸川を渡り千葉県に向かいます。r315はr60交点で終点ですが、この先の青看の案内も市川橋の手前までr60ではなくr315の表示がなされています。
(Aug.2010走行)
もどる

Last modified -