308  千住小松川葛西沖線

足立区足立一丁目〜江戸川区臨海町一丁目 17,682m


起点のR4との交点は荒川に架かる千住新橋の下で、暫くは荒川沿いに4車線で進みます。右側には荒川の堤防が続き、道路上には首都高速中央環状線が走っています。
新水戸橋で綾瀬川を渡ると右折し、さらに小菅中の橋北の交差点を左折します。頭上は小菅JCTになっていて、この先に小菅の高速入口があります。 その先で京成線堀切菖蒲園駅前のガードを潜り、2車線で市街地を走ります。
水戸街道との交差点本田広小路は水戸街道側が陸橋で上を渡り、その先で京成押上線の踏切を渡ります。この踏切のすぐ先でr60奥戸街道が左折で分岐するために、踏切と道路信号機が連動して制御されます。
相変わらず市街地を走り中川を渡り、r315蔵前橋通りと交差し、JR総武線を地下道で潜り抜けます。JR総武線との交差部は新小岩駅で、地下道を潜った先に新小岩駅南口広場があります。

新小岩駅から先は起点方向が2車線の3車線道路となりますが、交通量が多い上に駐車車両が多く常に混雑しています。八蔵橋交差点でR14と交わり、ここから東小松川交差点までR14と重複します。
八蔵橋からは2車線となり、江戸川区役所の前を通り、東小松川交差点となります。ここまでは平和橋通りと呼ばれ、通称ともなった平和橋は途中の中川にかかる橋の名前です。

r308は東小松川交差点から先は船堀街道と呼ばれるようになります。すぐに首都高速7号小松川線の下を潜ります。左側には首都高小松川ランプがあります。
市街地を抜けr50新大橋通りと交差した先で都営地下鉄新宿線船堀駅の下を潜ります。道路の真上に船堀駅のホームがあります。
その後も市街地を走り、地下鉄東西線の高架を潜ったあたりからは埋立地に建つ団地が右手に広がります。
道路も4車線となり左側には荒川の堤防が続きます。やがて首都高速中央環状線の高架が頭上に覆い被さると急カーブでR357に合流します。
(Jun.2005走行)


もどる

Last modified -