102  平方東京線

埼玉県越谷市大字平方〜足立区青井三丁目 2,809m


埼玉県とのまたがり都県道ですが、起点も終点もよくわかりません。まず起点側ですが旧道と新道があるようで、旧道の方は八潮市の浮塚交差点の南側で都県境を越え、首都高速6号三郷線の下を走って右折し、内匠橋で綾瀬川を渡って内匠橋西交差点で左折します。問題は新道のほうで、埼玉県との境の綾瀬川に架かる浮花橋の上から橋を降りたr466交点まではr102のようです。その先r466と重複して綾瀬川に沿って内匠橋西交差点までがr102に指定されているかどうかはわかりません。
内匠橋西交差点からは綾瀬川の堤防下の2車線道路で、左側には住宅が続きます。r318交点の少し手前で起点方向への一方通行路となり、首都高速加平インターの下のところでr318と交差し、終わっています。しかしこの付近は青井5丁目で、終点とされる青井3丁目は、さらに南に数百メートルいったあたりで、この間に建設計画があるかどうかも判然としません。
(Jan.2010走行)
もどる

Last modified -