68  練馬川口線

練馬区〜埼玉県川口市 4,295m


埼玉県とまたがる主要道で、起点は練馬区のr24交点です。起点から比丘尼交差点の手前の通称東映通りとの交点までは、終点方向から起点方向への一方通行区間で、住宅地の中の狭い1車線道路です。
東映通り交点から比丘尼交差点を越えた関越道の高架下までは2車線ですが、その先は1.5車線に市街地です。r108交点を過ぎて少し行くと2車線になり、やがて都県境を越えて埼玉県和光市に入ります。和光市のr443交点で左折してから笹目通りに変わり、4車線の幹線道路となって和光市内を進み、都県境の三国橋を渡ると再び東京都となります。
2度目の都内区間は板橋区内で、距離は長くはなく笹目通りから4車線で左に折れ、三園浄水場の南側を通りR17新大宮BPの笹目橋に合流します。笹目橋は新河岸川と荒川を一気に渡る橋で、中央部を首都高5号線が走っています。
r68はR17と重複して首都高速を挟んで笹目橋を渡り、新河岸川を渡ったところで再び埼玉県に入ります。r68は、この先笹目橋を渡り終えたところで右折して単独に戻り、2車線で戸田市内から終点の川口市内に進みます。
(May.2009走行)
もどる

Last modified -