Prefecture Road Tochigi
Driving Report

164  板荷玉田線
鹿沼市内の板荷と玉田を結ぶ延長約9.6kmの路線で起点側でr149、終点でR121と接続します。
学校や農協などが並ぶ板荷の集落の中が起点ですが、すぐに田園地帯を走るようになり、東武線の踏切を渡ります。すぐに板荷駅前となり、この付近は住宅が多く建っています。
暫く東武線と並走した後、黒川を渡ります。黒川を渡ると住宅地となり、暫く進むと終点です。全線2車線あり、終点側は交通量が比較的ありますが、起点側は閑散としています。(Nov.2005)
165  市塙北長島線
市貝町r69と芳賀町のr156とを結ぶ約4.7kmほどの道路で、全線2車線あります。沿道は田畑が多い農村部がほとんどですが、中間部で赤羽工業団地の北端を掠めます。
平坦で直線区間も比較的多いため快走できますが、交通量は少し多めです。(Oct.2009)
166  西田井二宮線
真岡市東部の益子との境に近い真岡鉄道北山駅近くのR294交点が起点で、1車線で真岡鉄道の踏切を渡ります。
その後は少しの間2車線となりますが、すぐに1.5車線となり、暫くの間は2車線と1.5車線が混在します。景色の方も住宅地と雑木林と農地が混在します。
二宮に入り鹿地区からは2車線で田園地帯を進みますが、案内が悪く似たような道路が多いので間違いやすくなります。五行川を渡り坂を上ると二宮の市街地となり真岡鉄道の踏切を渡ると終点のR294交点です。(Apr.2005)
168  静藤岡線
岩舟のr67と藤岡のr9の間を結ぶ6.5qです。r67〜R50までの間はセンターラインがありませんが、すれ違いは問題ありません。
R50〜r9までの間は、100mほど狭い1.5車線区間があるほかは2車線になっています。信号は起点とR50交点のみで、交通量も少ないので快走できます。(Oct.2002)
169  栗山日光線
今は日光市となった旧栗山村のr23交点から始まり、山間部を2車線で大笹牧場に向けて登っていきます。登り勾配とカーブが続き、やがて大笹牧場が見えてくるとr245との交点です。
交点を左折しますが、ここからはかつて霧降高原道路という有料道路だった区間となります。牧場の中を進み、その後は高原や山林の中を下ります。
有料道路だった区間が終わると右に曲がり、霧降大橋で大谷川を渡ると日光市街地でR119交点終点となります。(Aug.2014)
170  親園南金丸線
親園は太田原市街の南にある集落でr48交点がこの道路の起点です。暫くは住宅街を1.5車線で走りますが、すぐに住宅街は終わって田園地帯となり、さらに道幅は狭くなって1車線となります。
田園の中を左折すると2車線となり、さらに左折し次に右折します。右折すると1車線の狭い道になり、R400交点となります。
R400交点を右折し、R400と重複して進み、やがて右に分かれて田園地帯の2車線となり、ゴルフ場の脇を抜けて暫く進むとR461交点終点となります。
R400〜終点までは比較的交通量がありますが、起点〜R400までは交通量がほとんどありません。全線ほぼ田園地帯で、距離は約11.5Kmあります。(Jna.2006)
171  山内上境線
茂木のR123と烏山のr12を結びます。茂木側は最初は2車線ですが、すぐに1.5車線になります。茂木町甲集落までr287交点付近などに一部2車線となるところがありますが、大半の区間は1.5車線となっています。
甲からは軽い山越えになり1車線幅の山道が続き、カーブのきつい所もあって走りにくくなります。
烏山にはいると1.5車線に戻りますが、所々かなり狭くなります。花立峠入口付近からは2車線となってr12に至ります。ほとんど全線が山林か山村です。(Apr.2003)
172  上田壬生線
壬生町北部の上田(かみだ)から壬生町中心部までの約7.5kmほどの路線です。起点はr3・R121交点で、起点から暫くは1.5車線の農村部を行く道路です。
その後、改修された2車線区間となり、わんぱく公園脇を過ぎて北関東自動車道を潜ります。その先でr2を越えると壬生市街地となり同時に1.5車線に戻ります。(Nov.2005)
174  南小林松原線
野木のR4と小山のR50を結ぶ2車線路で、田園地帯を走るため非常に走りやすい道路です。直線区間も多く交通量も多くはなく快適に走れます。(Nov.2002)
175  山形寺岡線
田沼のr66と足利のr67を結ぶ約8.5qほどの路線です。r66〜R293までは田畑や雑木林の中を走る、交通量の少ない快適な2車線です。
R293〜r237は佐野市郊外の住宅地を行く2車線、r237〜r67は田園地帯を抜ける広い2車線です。(Dec.2002)
176  杉山石末線
市貝町杉山のr163交点が起点で、r64交点までの約4qは1.2〜1.5車線で長閑な景色の中を走ります。r64〜r61と重複して高根沢で左折し単独区間に戻りJR東北線も宝積寺駅近くのr10交点が終点です。
高根沢町内は前半は快適な2車線ですが、途中からセンターラインが消え少し狭くなりますが、r341交点からは再び2車線に戻ります。(Apr.2003)
179  稲沢黒羽線
黒羽町内だけを走る県道で、r34交点から始まり田園地帯を走り、高館トンネルを抜けます。その後も終点のr27交点まで雑木林や田園の中を進みます。距離は約4.9kmと比較的短く、全線2車線ありますが、交通量は少なく快走できます。(Jan.2006)
180  蒲須坂喜連川線
氏家町と喜連川町は合併でさくら市となったために、さくら市内だけを走る県道になりました。起点は旧氏家町のR4現道交点、終点は旧喜連川町のR293交点で、距離は約7kmあります。
起点からR4BP交点までは住宅と田畑が混在する中を行く2車線、その後は田畑の中を走る2車線となります。r48交点の先の旧町境付近は山林が続き、その中の急坂を下ると、田園地帯の平坦な直線が続く2車線快走路となり終点に至ります。(Oct.2009)

Page9へ
栃木県道一覧にもどる
栃木県道のメインページにもどる
Last modified -