Prefecture Road Tochigi
Driving Report

141  唐沢山公園線
唐沢山城のある佐野市の唐沢山自然公園駐車場前が起点ですが、道路自体はr115と繋がっていて旧田沼町方面とも行き来できます。
起点からは山を下ることになり、道幅は1.5車線と2車線が混在します。周囲は山林地帯です。下りきると2車線になりゴルフ場や田園風景が続いた後は佐野の市街地を行きます。r151交点で左折して東武佐野線のガードを潜り、JR両毛線の踏切を渡ったr67交点が終点となります。(May.2010)
142  通洞停車場線
わたらせ渓谷鉄道通洞駅とR122を結ぶ50mほどの短い停車場線で、これがほぼ全部です。通洞駅は足尾町の中心にありかつては賑わっていましたが、銅山の衰退とともに賑わいは失せ、今では行き交う人も車もほとんどありません。(Sep.2002)
144  築地吉水線
田沼町多田のr126と田沼町吉水のr16を結びます。多田側は2車線ながら、きちんと整備された比較的新しいBPで快適です。吉水側は住宅の多い中を行く昔ながらの2車線です。(Dec.2002)
146  結城石橋線
茨城県とのまたがり県道で、茨城県内はほとんどが1.5車線ですが、栃木県に入ると歩道もある道幅の広い2車線になります。
しかし少し走ると雑木林や農地の中を走る1.5車線になってしまいます。次の南河内から2車線に戻り、石橋の終点まで進みます。南河内からは住宅もありますが、田園が風景の中心です。交通量はあまり多くありません。(Dec.2002)
147  小金井結城線
r44〜R4BPの間は田舎の2車線で路側帯や歩道もないうえ道幅も狭く、交通量も多くはありません。R4BPから県境までは農地や雑木林が続く中を行く2車線で、一部改修済み区間もあります。
茨城県とのまたがり県道で、終点は茨城県結城市街地です。(Dec.2002)
148  野田多々良停車場線
群馬県とのまたがり県道で、起点は足利市のr8交点です。R50交点までは農村部で小学校や農協もあるなかを1.5〜2車線で進み、R50を過ぎると住宅地の1.5車線路となります。矢場川の橋を越えると群馬県に入ります。(Feb.2015)
151  堀米停車場線
現道と新道の2本があり、現道は東武佐野線堀米駅東口を起点とし終点はr141交点です。佐野市街地を2車線で走り、沿道は住宅地です。
新道は堀米駅西口が起点で、畑の中にセレモニーホールやロードサイド店が建つ中を進み、左折して東武線を地下道で潜りr151現道に達する2車線道路です。(May.2010)
152  赤岩足利線
群馬県とのまたがり県道で、県内は足利市内のみ約4qです。家並みが続く中を2車線で抜けます。(Dec.2002)
153  南小林栃木線
小山市郊外のR50と栃木市のr11を結ぶ2車線路です。
栃木市内は住宅が並ぶ中を走りますが、その他の区間は直線区間が長く、田園地帯のため流れが非常によく、快走できます。(Nov.2002)
154  下高根沢氷室線
芳賀町のr69との交点である三日市交差点を起点に、暫くは田舎びた田園風景が続きますが、やがて芳賀工業団地やニュータウンの中を進み宇都宮市に入ります。
宇都宮市内は最初こそ田園地帯ですが、向きを南に変えると清原工業団地の中を進むようになり、その後は新興の住宅地の中を走ってR123に行き着き終点となります。全線2車線確保されています。(Oct.2009)
156  石末真岡線
高根沢と真岡を結ぶ全線2車線の道路で約24qあります。
真岡では終点のr47交点手前約1qの区間では建物が並んでいますが、その他は長閑な農村部を貫いて走ります。カーブも適度で走りやすい道路です。(Sep.2003)
157  下岡本上戸祭線
起点はJR東北線岡本駅近くのr73交点で、すぐにJR東北線の踏切を渡り岡本駅付近の市街地を進みます。この付近はセンターラインがなく道幅が少し狭くなっていますが、市街地を外れると工場や病院があり、街路樹も植わった落ち着いた2車線道路になります。
r125を過ぎると1.5車線になリ、田畑が多くなります。r63を過ぎるとR119BP通称宇都宮環状線のすぐ北側を走る、住宅地の中の見通しの悪いカーブが多い1.5車線路になります。R119BPを渡ると2車線市街地路となってR119現道交点が終点です。(Nov.2005)
158  下岡本上三川線
JR東北線岡本駅近くのR4交点が起点で、ロードサイド店が建ちますが、すぐに田園地帯となります。R123まではセンターラインのない区間もありますが、すれ違いは問題ない区間が続きます。
R123交点からは暫く1.5車線区間が続き、その後は辰街道とよばれる2車線路となります。上三川町に入ると2車線と1.5車線が混じり、r193交点で右折し北関東道を潜り、すぐに左折して単独に戻ります。
ここから終点のr47交点までは、ほとんどが長閑な農村地帯の2車線路ですが、上郷地区内に1.5車線のクランク区間が残ります。総延長19.5qほどあり、比較的長距離です。(Aug.2014)
160  和泉間々田線
岩船のr36と小山のR4を結ぶ約11qの道路で、途中に800mほどr174との重複区間がありますが、この重複区間はr174のヘキサのみが掲げられています。
全体的に視界が広い開けた雰囲気の中を走り、思川に架かる橋は幹線道路以上の立派なものです。この思川の橋を渡った後の終点付近は未改良区間で、狭くなっていて、もちろんセンターラインもありません。(Oct.2002)

Page8へ
栃木県道一覧にもどる
栃木県道のメインページにもどる
Last modified -