Prefecture Road Shimane
Driving Report

21  松江島根線
起点は松江市のR9BP交点で、4車線で松江市街地を進みます。桧山トンネルを潜り市街中心部に入り、R9現道を横切りJR山陰線の高架を潜り、くにびき大橋を渡ります。 その後は右折してR431と重複し、単独になると2車線になり郊外から山里と変わり、持田トンネルを抜けます。さらに山林の中を上って新道トンネルを抜けると下り坂となり、再び農村部となってr37交点終点となります。 なお、松江市街のR9現道からR431の区間の新大橋通りもr21指定ですが、こちらは少し狭い2車線路です。(Aug.2017)
22  松江停車場線
松江市街地のR485とr21を結ぶ主要道で、起点の左側には百貨店があり、それを過ぎると左側に高架のJR松江駅があります。ここまでは4車線あります。
松江駅を過ぎると2車線になって少し行くと終点です。沿道は県庁所在地の停車場線らしく商業ビルが並び、交通量も多めです。(Aug.2010)
24  松江木次線
起点は松江市の宍道湖畔、JR乃木駅の西側あたりのR9交点で、R9とはダイナミックな立体交差になっています。そのままJR山陰線を乗り越えて山陰道(R9BP)の下を潜ります。ここに松江西ICがあり、ここまでが4車線区間です。
その先は2車線になって田園地帯を進み、やがて山間部となりカーブがきつくなると才ノ峠越えとなります。峠を越えると雲南市で、田園や山林が続き、やがて旧大東町の中心部となりJR木次線の出雲大東駅前を通ります。
この付近は旧大東市街を避ける2車線のBPも供用されていて、BPの方はロードサイド店が建ち並んでいて、BP、現道どちらでもトレースできます。
BPと現道は合流し、JR木次線に沿う農村地帯を走り、斐伊川に架かる里熊大橋付近でR54に至り終点となります。距離は約27.5kmで、ほとんどの区間で快走できます。(Aug.2010)
26  出雲三刀屋線
起点は出雲市のr277交点でR9現道と重複し、斐伊川に架る神立橋の手前で右折して単独区間に入ります。1.5車線の堤防直下の道路で、すぐにJR山陰線の下を潜ります。その先で堤防上に上がり、ここからは2車線道路となります。
終点付近まで斐伊川の堤防上を進む快走路で、左手の堤防下は田園が続きます。交通量は多めですが、信号は少なく流れのいい道路です。松江自動車道を潜ると川から離れ、すぐに終点のR54交点となります。(Aug.2010)
27  出雲市停車場線
JR出雲市駅前からR9までの2車線路で、電線は地中化され広い歩道と路側帯のある整備された道路です。出雲市駅には一畑電車出雲市駅も隣接し、両駅とも高架化されてすっきりしています。駅前はホテルや銀行など、その先には商業ビルや商店が建ち、終点付近が古くからの街並みの雰囲気です。(Aug.2010)
57  宍道インター線
起点はR54交点で、丘陵を切り開いた2車線で進むと宍道ICがあります。その前を過ぎて進むとやがてR9交点となりここが終点です。R54、R9両方から山陰道宍道インターまでのアクセス路です。(Aug.2017)

Page2へ
島根県道一覧にもどる
島根県道のメインページにもどる
Last modified -