Prefecture Road Shiga
Driving Report

509  間田長浜線
米原市(旧山東町)のr248交点が起点で、田園の中を2車線で進みます。r19交点を過ぎると1.5車線となり、その後上り坂となります。長浜市との境がサミットでトンネルを抜け、その先は山林の中を下っていきます。
下りきると集落の中を1.5車線で抜け、北陸道を潜るあたりから2車線になり、同時に長浜の市街地の中を行くことになります。R8を越えると長浜の中心部で、旧R8のr556との交点が終点です。全線に渡りそこそこの交通量があり、特に北陸道付近から終点までは混雑します。(Sep.2007)
511  栗見新田安土線
起点は能登川町栗見のr25交点で大同川が琵琶湖に注ぐ手前に架かる水車橋のところです。暫くは田園地帯を直線で進み、安土町に入ります。安土でも暫く同じ風景が続いたあと、右側に西の湖が見えます。その先で市街地となり終点のr2となります。全線2車線あり、交通量はあまり多くありません。(Aug.2004)
514  飯浦大音線
起終点ともR8交点で、賤ヶ岳の南麓をR8と平行して走ります。起点から暫くは山林の中で、やがて賤ヶ岳トンネルを潜ります。トンネルを出ると山林の中の下り坂となり、下り終わると田園地帯となって終点となります。全線2車線あり、交通量は少な目です。(Sep.2007)
532  余呉湖線
琵琶湖の北東にある余呉湖をほぼ一周する路線で、起終点ともr33交点です。起点は余呉湖の北西端にあたり、川並の集落までは1.5車線ですが、集落内から1車線になり、集落が途切れてから余呉湖の南岸にある国民宿舎までは、狭い1車線の道が延々続きます。
この区間は左側に余呉湖があり、湖の形に沿ってカーブを繰り返しますがガードレールもなく、右側は雑木林が続き見通しも悪く、すれ違いも不可能な個所がほとんど路面状態もよくありません。
国民宿舎を過ぎると1.5車線となり、路面状態も見違えるようによくなります。終点のr33交点付近に住宅地の中の1車線区間が残りますが、この1車線区間には平行して2車線の立派な町道が走っていて交通量はありません。(Sep.2007)

Page14へ
滋賀県道一覧にもどる
滋賀県道のメインページにもどる
Last modified -