Prefecture Road Saitama
Driving Report

321  西金野井春日部線
西金野井は春日部市と合併した旧庄和町にある地名で、千葉県境でもある江戸川堤防の手前から1.5車線で始まります。
R16の北側を平行して進み、風景は田園地帯です。少し行くと2車線となり旧庄和町役場と総合公園が左側にありますが、その先は再び田園地帯を行きます。R16と交差し、そこからは住宅が増えますが車線巾は1.5車線に戻り、r10との交点が終点となります。(May.2009)
323  上尾環状線
起点終点ともR17、r51、r323が交わる上尾市の愛宕交差点です。R17、r51、r57との重複区間があり、r323単独区間はr51交点地頭方交差点からr57交点中分交差点間とr57交点小泉交差点からR17交点久保交差点間の2区間です。
前者は団地やマンションなど、後者はロードサイド店やGSなどが多い中を行く2車線で、交通量は全区間多めです。(Jun.2006)
324  蒲生岩槻線
起点は東武伊勢崎線蒲生駅近くのr49交点で、車線の幅も広く駅近くの賑やかな雰囲気です。すぐに東武線の高架をくぐり、市街地を進むとR4を渡ります。その後は末田用水に沿って進み、JR武蔵野線の高架を潜ると畑が増えてきます。
r214交点付近からは再び住宅地となり、r48交点で左折して短い重複の後、R16を渡り岩槻の市街地を進んでR122交点が終点となります。距離は約15.3kmほどあり、全線2車線確保されていますが、交通量も比較的多めです。(Sep.2009)
325  大野島越谷線
起点の大野島交差点は岩槻市街地の外れにあたります。起点から越谷のR4までの約6.7qは元荒川に沿う区間で、信号はないものの1.5車線の貧弱な区間も多く、交通量も結構あります。
R4〜終点までの約2.7qは越谷の市街地で、2車線ありますが人や自転車が多く走りにくい区間です。(Oct.2002)
326  川藤野田線
吉川市のr68交点が起点で、県境の江戸川を越えて千葉県野田市までの路線です。
起点付近は住宅が多くありますが、少し走ると田園地帯となります。交通量はやや多目ながら、信号は少なく見通しもいいので走り易い道路と言えます。
r21と短区間重複した後、玉葉橋で江戸川を渡り千葉県に入りますが、r21交点を先頭に千葉県側からの車は渋滞することがあります。(Feb.2004)
327  草加八潮三郷線
八潮のr102と草加のr49を結ぶ県道で、r49交点を直進すると草加駅になります。全線2車線の市街地道路で、交通量も比較的多めです。距離は約2.8qほどです。(Oct.2002)
328  金明町鳩ヶ谷線
金明町は草加市内の地名で、越谷市との境界に近いr49交点が起点となります。ここから鳩ヶ谷の中心部でr105と交わるまでの約6qほどの路線です。
草加市内は清門町付近に右左折があって、青看ではなくソトバでの案内となっており注意が必要ですが、他は問題ありません。
但し全線で市街地を走るため交通量が多く、信号も沢山あります。全線2車線確保されています。(Feb.2004)
332  根岸本町線
川口と鳩ヶ谷の境に近いr34と川口駅近くのr68を結ぶ川口市内だけを走る県道で、距離は約4.5qあります。
沿道はマンションや住宅が多く建ち並ぶ市街地で、全線2車線ありますが、交通量は多く混雑しています。またバス路線が複数あってバスが多く走り、信号もやたらとあって時間がかかります。
終点のr68交点の少し手前から終点→起点方向への一方通行になります。(Apr.2003)
335  並木川崎線
川越線南古谷駅近くのr113交点が起点で、南古谷駅前からのr180を真っ直ぐ走るとこの道路に入ります。終点は上福岡市北部のr56交点で、全線2車線の市街地を進む道路です。距離は約1.8qほどあります。(Feb.2004)
336  今福木野目線
川越市今福交差点からR254交点まではr8と重複し、R254に右折しすぐに左折します。ここからが単独区間で住宅地の中を1.5車線で小刻みにカーブを繰り返しながら進みます。
農道をそのまま舗装して、後から住宅ができたような感じです。 道幅も極端に狭いところもあります。新河岸川を旭橋で渡るとまともな2車線となりますが、R254BPを越えると再び狭くなり、1.2車線程度で住宅地を走りr335交点が終点となります(Feb.2004)
337  久米所沢線
所沢市内の金山町交差点が起点で、r24と重複したあと、右折して所沢駅付近を通り、r4交点までの約1qほどの路線で、所沢停車場線の役割も担っています。(Aug.2002)

Page18へ
埼玉県道一覧にもどる
埼玉県道のメインページにもどる
Last modified -