Prefecture Road Saitama
Driving Report

264  原郷熊谷線
起点は深谷市原郷のr127交点で、暫くは農村部の2車線で交通量も少な目です。r263交点で左折すると市街地となり、少し南側をR17が平行して走ります。そのため交通量も一気に増えます。
熊谷市に入るとセンターラインがなくなり、1.5車線くらいの狭い区間もありますが、沿道は市街地で交通量も相変わらず多くあります。R17BPを越えた先のR17現道交点が終点です。(Aug.2006)
265  寄居岡部深谷線
起点の寄居町のR254交点からr86交点までは田園地帯を行き、寄居町内は2車線ですが、岡部では1.5車線の狭い道幅になります。
r85〜r75と重複して再び単独になりますが、r86重複区間に狭い箇所があります。r75から終点のr62交点までは大部分の区間が2車線あります。終点付近で深谷の市街地を走ります。(Nov.2002)
266  大井朝霞線
大井町のR254と朝霞市のr79を結ぶ県道ですが、志木市から朝霞市にかけてr36〜r112との重複区間があり、単独区間は起点のR254〜志木のr36までと朝霞市内のr112〜終点のr79の2つの区間に分かれます。
前半は2車線の市街地で交通量も多く、特に東武東上線に沿う鶴瀬駅〜みずほ台駅にかけては住宅やマンションが密集しています。単独区間の後半も市街地の2車線道路ですが、距離は短く交通量もさほど多くはありません。(Feb.2004)
267  幸手境線
幸手市のR4から始まる茨城県とのまたがり県道で、埼玉県内はごく短く800mほどしかありません。すぐに茨城県五霞町に入ってしまいます。2車線ありますが、交通量は多く混雑します。(Feb.2002)
268  西関宿栗橋線
西関宿は千葉県ではなく、江戸川を渡った埼玉県幸手市にある地名です。ここと埼玉県の栗橋町を結ぶ県道です。したがって起終点とも埼玉県で、中間が茨城県という県道になります。
埼玉県の区間は両方合わせても1Kmもなく、それに対し茨城県の区間は7Km以上あります。茨城県内は五霞町内だけを走る普通の県道で景色は長閑です。(Mar.2001)
269  上伊草坂戸線
川島のr76から坂戸のR407までの約6.3qの県道で、坂戸の塚越交差点から終点まではr256との重複区間です。
単独区間は起点付近は人家が多いものの、越辺川を渡って坂戸に入ると雑木林と畑が続き塚越交差点に至ります。坂戸市内の単独区間は、交通量もあまリ多くなく走りやすい区間です。重複区間も含めて全線2車線です。(Oct.2003)
271  今泉東松山線
吉見のr76と東松山のR407を結び距離は約5.5q、畑や雑木林の多い中を走る2車線路で、交通量もそこそこあります。(Nov.2002)
272  東大久保大井線
富士見のr113交点が起点で、すぐに新河岸川を渡り上福岡に入ります。富士見川越有料道路を越え工場地帯を少し走りますが、この付近までは歩道も整備された走り易い2車線道路です。
この先からは歩道がなくなり2車線ながら道幅も狭くなります。 東上線の踏切を渡った先で大井町に入り、住宅地を少し走るとR254交点となり終わります。(Feb.2004)
273  西平小川線
ときがわ町となった旧都幾川村赤平のr172交点が起点で最初のごく短区間のみ2車線で、その後は山林の中の1.5車線の上り坂です。
上りきったところが松郷峠で、峠を越えて小川町に入ると山林の中の下り坂となります。坂を下り終わると田園地帯の中を進みr11交点が終点です。距離は約6kmで、交通量はほとんどありません。(Jun.2006)
276  新堀尾島線
起点は熊谷市R17交点、終点は利根川を渡った群馬県尾島町です。起点付近はロードサイド店が多く、その後は住宅地となり、さらにR17BPを越えると田園地帯を行くようになります。
r45を過ぎると利根川の少し南側の農村部を進み、r45に合流後重複し、さらにR407と重複して県境の利根川に架かる刀水橋を渡り群馬県に入ります。
埼玉県内は全線2車線あり、交通量は起点付近は多いものの段々と少なくなり、r45を過ぎるとほとんどなくなります。(Jun.2006)

Page15へ
埼玉県道一覧にもどる
埼玉県道のメインページにもどる
Last modified -