Prefecture Road Okayama
Driving Report

26  津山柵原線
起点は津山市のR53交点で、吉井川の今津屋橋の南からはじまり川沿いに進み、ついで津山市市街地の外れを走ります。
やがて吉井川の堤防上に出て、終点近くまで左手を吉井川、右側が山林や田園が続きます。藤原橋で吉井川を渡ると川の東岸に移り、今度は右手が川左側が山林や田園となります。
少し行くと吉井川を離れて田園地帯となり、鷺橋で吉野川を渡ったR374交点が終点となります。距離は約24kmで全線2車線あります。(Aug.2010)
28  岡山牛窓線
岡山市中心部でr27から分かれて始まります。中央に岡山電軌の線路があり、車道は2車線で京橋で旭川を渡ります。一旦線路が離れ、右折してR250と重複したあと、すぐに左折し再び線路が中央を走るようになります。
少し行くと電車の終点東山電停があり、その先で坂を上り東山の公園地帯を抜けます。東山峠のサミットを超えて下りに転じ、平坦になるとしばらく市街地が続きます。ロードサイド店が並んでおり、さらに右折車線がないところも多く混雑します。
R2交点を過ぎ右左折すると4車線になり、吉井川を渡ります。r379交点の先で2車線に戻り田園風景の中を走ります。旧牛窓町に入るとセンターラインが消え狭くなる区間もあります。
r39交点を過ぎると牛窓の市街地で2車線と1.5車線が入り混じり、やがて右手に牛窓港が見えて来ると終点となります。距離は約26kmほどで、とくに起点からR2までが交通量も多く混雑するようです。(Aug.2010)
39  備前牛窓線
備前市のR250交点からはじまり、最初は工場の間を行きますが、すぐに左手に海が見えるようになります。総合運動公園の先にまた工場があって、そこを過ぎると1.5車線になり海に沿う断崖の上を行きます。
r182交点から先は海から離れ、同時に2車線区間も現れて農村部や山林の中を進むようになり、終点のr28交点まで同じような長閑かつ単調な雰囲気となります。(Aug.2010)
41  新倉敷停車場線
もともとは玉島停車場線といい、山陽新幹線の開通で駅名が新倉敷に改称されたことにより、路線名も変わりました。新倉敷駅南口から4車線で進みR2に達します。歩道は広く電柱も地中化されています。沿道には量販店が目立ちます。
R2交点で右折重複し、少し行くと左折して分かれます。ここから終点のR429交点までは、平凡な2車線市街地道路です。(Aug.2010)
42  岡山停車場線
岡山駅とR53交点の柳川交差点を結ぶ600mほどの岡山中心部の幹線道路で、通称桃太郎大通りといわれます。中央に岡山電軌の線路があり、6車線、路側帯、広い歩道を持つ大通りです。交通量も多く活気があります。(Aug.2010)
51  美作奈義線
美作市でR374から分かれ、1.5車線と2車線が混在する状態で吉野川の東岸を行きます。やがて1.2車線程度の道幅となり、住宅が密集する林野の市街地を走ります。
市街地でクランク状に路線を取り、JR林野駅付近で踏切を渡り、右に曲がってR179の側道のようになったあと、R179から直進する形になって2車線となります。すぐに中国道美作ICがあり、周囲はGSやロードサイド店などが並び賑やかです。
その後は田園地帯となり、R429との重複区間となります。重複区間は住宅が多く、R429と分かれると再び田園地帯となり、R53交点少し手前で右折して終点となります。(Aug.2010)
54  倉敷美袋線
起点は新倉敷駅近くの高梁川に架かる霞橋西詰交差点で、R429から分かれですぐにR429の下を潜ります。暫く市街地を2車線で走り、R2交点で右折重複します。
船穂ICでR2と分かれ自専道となりJR山陽線と新幹線を跨ぎ越し、山陽道玉島IC入口で脇に逸れて、地上に降りると左折します。ここからは一般道で、すぐに右折して山陽道の下を潜り農村部を進みます。
R486交点までは比較的交通量もありますが、R486を過ぎると大きく減ります。r80交点を過ぎると登り基調になり、山林の中を走ります。仏ヶ峠を越えると下りに転じ、高梁川を渡ったR180交点が終点です。(Aug.2010)
67  勝央勝北線
勝央町のJR姫新線勝間田駅前のR179交点が起点で、この付近は住宅が多く建っています。住宅が減ってきて中国道を潜り、R429交点を過ぎると交通量は少なくなり走り易くなります。田園地帯を行く2車線となってR53日本原交差点が終点です。全線2車線あります。(Aug.2010)

Page2へ
岡山県道一覧にもどる
岡山県道のメインページにもどる
Last modified -