Prefecture Road Niigata
Driving Report

28  塩沢大和線
起点は旧塩沢町のR17交点で、起点から1kmほど走ると関越道塩沢石打ICがあります。ICを過ぎると長閑な農村部を6Kmほど進むとR291交点となって、ここを右折しR291と約1.3Kmほど重複します。
重複区間は狭い2車線ですが民家が多く、左折してR291と分かれると2車線で農村部を走ります。旧六日町に入り右折して山林の中を少し走ると大月トンネルを抜け、再び田園地帯となります。
深沢の集落に入ると1〜1.5車線と道幅が狭まり、その後田園地帯を走るようになっても暫くは1.5車線路が続きます。2車線に戻り上原地区の民家の間を抜けたあと、右折して再びR291との重複区間となります。
約3kmほど重複したあと、左折し大崎の集落を抜け、再び田園地帯となります。突然見違えるように整備された2車線になると浦佐市街となり、市街地のr265交点が終点です。
浦佐市街では左折して浦佐駅に達する支線があり、こちらは新幹線停車駅へのアクセス路のためにひじょうに立派な道路になっています。
30Km以上ある路線ですが、ヘキサは全線で文字ヘキサが2本あるだけです。(May.2006)
29  吉田弥彦線
吉田の起点はR116交点で、工場やロードサイド店が多くあり、すぐにJR越後線を陸橋で越えます。JRを越えると右側が吉田の市街地で、そこを掠めるように走り田園地帯の直線路となります。矢作には弥彦神社の巨大な鳥居が建ち、その下を潜り抜けます。
鳥居を潜るとJR弥彦線が左側に並走し、右側には田園が広がります。r2を越えると弥彦神社が近くなり、ホテルや旅館が増え、その中の上り坂となります。右折して1.5車線で旅館街を進み、正面に弥彦神社の鳥居が見えると終点となります。(Apr.2006)
30  新井柏崎線
新井と柿崎の間の主要地方道で、起点付近は新井市街の普通の道路、その後も田園風景を主とした平坦な中を坦々と進みます。
大潟や柿崎では田園の中を見事な直線で貫きます。起点から柿崎のR8の間は、全線2車線で快適に走れます。青看によるとR8を突っ切って先がありますが、柿崎の終点はよくわかりません。30Km以上ある道路で、交通量も比較的多めです。(Nov.2001)
32  新発田停車場線
羽越線新発田駅とR7を結び、距離は約4qほどあります。駅前からの商店街を進み、R290とも重複します。その後も暫くは市街地の2車線道路ですが、新栄町で右折後は短いながらも4車線となります。(Jun.2003)
33  新潟停車場線
JR新潟駅からR7までの150mほどの道路で、6車線中央分離帯つきで、沿道にはビル建ち並び活気があります。(Jul.2001)
34  新津停車場線
信越線新津駅前から本町2丁目までは商店街ですが、そこを過ぎるとセンターラインが消えて道幅が少し狭くなり、新津の市街地を進みます。
金沢大橋で能代川を渡ると郊外の雰囲気に変り、2車線に戻ります。磐越道新津IC前で左折し、すぐに終点のR460交点となります。(Aug.2008)
35  三条停車場線
三条停車場線はJR信越線三条駅からr8までの主要道ですが、大半の区間が住宅密集地を走る起点方向への一方通行のため、トレースするには終点方向から走る必要があります。
終点のr8交点は三条の中心部で、すぐに左折して一方通行となり、新大橋で五十嵐川を渡り住宅密集地を抜けるとJR三条駅となります。(Apr.2006)
36  長岡停車場線
長岡駅前からR351までの150m足らずの停車場線ですが、さすがに大都市だけあって4車線中央分離帯のある整備された道路です。(Nov.2001)
37  柏崎停車場線
JR柏崎駅と市街地のR352を結ぶ約600mほどの停車場線で、アーケードがついた商店街の中を2車線で走ります。交通量は多めで、混んでいます。(May.2006)
38  高田停車場線
上越市内のJR信越線高田駅から、高田城址である高田公園を通りR18までの4Kmあまりの主要地方道です。沿道は高田の市街地です。(Nov.2001)
41  白根安田線
新潟市南区となった旧白根市の中心部に近いR460交点が起点で、起点付近には住宅もありますが、すぐに左手は田園、右側は工場となり、やがて田園地帯の中を行くようになります。
小須戸橋で信濃川を渡ると小須戸の市街地で、住宅や商店が密集する中を進みます。小須戸市街を抜けると再び田園地帯で、JR信越線矢代田駅付近でR403と重複します。左折して矢代田駅の前を通り、今度は右折し農村部となります。
やがて山林地帯となりサミットを越えると五泉市に入ります。サミットからの坂を下りきると田園地帯で、2車線から1.5車線になると五泉市街地となります。
JR磐越西線の踏切を渡り、五泉市街の中心部でr7と交差すると2車線に戻り、早出川を渡ると田園が続きます。阿賀野川を安田橋で渡ると阿賀野市で、磐越道安田ICから先は4車線となり、その先のR49交点が終点です。(Aug.2008)
42  新潟黒埼インター線
R8新潟黒埼ICとr16の間の約2.1qの市街地道路で、信濃川の西岸を全線4車線で進みます。(Jun.2003)
43  上越安塚浦川原線
起点は上越市役所近くのr579交点で、4車線快走路で関川を渡り、ロードサイド店が建ち並ぶ中を進むとかに池交差点となります。ここを右折して2車線となり、北陸道を潜った先の富岡交差点を左折します。
R8の高架を潜り上越ICの南側を通って、その先は田園地帯となります。所々に集落はありますが、のんびりした風景が続きます。
右手からr13が合流してきて、r13と重複して山林の中を進みます。さらにr61とも合流して重複ののち、r61と分かれると牧野峠にかかります。
最初は山林の間の2車線路ですが、やがてセンターラインが消え、峠を越えると1.5車線で下ります。R460交点で左折してr43単独となり、ここからは終点のR253交点まで2車線の農村部の道路となります。(Aug.2008)
48  長岡西山線
関越道長岡IC近くのR8交点が起点で、ロードサイド店が建ち並ぶ中を2車線で走り抜け、右折して長岡技術科学大学、長岡CC、国営越後丘陵公園などの近くを整備された2〜4車線で進みます。沿道には長岡ニュータウンも広がっています。
R8と北陸自動車道を潜ると農村地帯となり、やがて山間部の上り坂となりカーブやきつい勾配が続きます。峠を薬師トンネルで抜けて西山町に入り、急勾配急カーブで山林の間を下っていきます。
R116を越えると田園地帯となって日本海に沿うR357に至ります。(Apr.2006)
51  新潟黒埼インター笹口線
R8新潟黒埼ICからr42と重複でスタートし、すぐに右に曲り4車線の平成大橋で信濃川を渡り、左折して今度はr1と重複します。r1重複区間も4車線あり、出来島1丁目の交差点で右折しr1から分かれます。
ここからr16交点までの短い区間は2車線で残りますが、その先は再び4車線となります。新潟駅の南側を通りR7交点が終点です。全線新潟市街地で交通量も多めです。(May.2006)
54  中条紫雲寺線
中条のR7と紫雲寺のR113を結ぶ約11Kmの主要道で、全線2車線あります。起点付近はBP化されていますが、その後は田園や雑木林の中に適度に住宅が混じる風景です。
r3交点で左折しr3と重複しますが、かつてはr3との交点を直進し、終点のR113に向っていましたが、日本海東北道の中条ICの開通に伴い路線付け替えが行われ旧道は県道から降格しました。
r3と重複し中条ICの入口で右折して、再び単独区間になります。ここからはほとんどが新道として建設された区間で、田園地帯の新しい直線路となり日本海の近くのR113交点まで走り終点となります。終点は海は見えず防砂林の中です。R113から中条ICへのアクセス路でもあります。(Aug.2008)

Page3へ
新潟県道一覧にもどる
新潟県道のメインページにもどる
Last modified -