Prefecture Road Nara
Driving Report

4  笠置山添線
京都府笠置町が起点で、奈良市を経由し、山添村のR25現道交点が終点となります。府県境から暫くは1.5車線の山間路で、その後は山林の中の2車線が続き、興ヶ原、邑地、月ヶ瀬などに小さな集落があります。交通量は少なめです。(Aug.2011)
5  大和高田斑鳩線
近鉄南大阪線高田市駅の北側のR166交点が起点で、大和高田市の中心部を走ります。JR高田駅、近鉄大阪線大和高田駅の近くも通るために歩行者や信号も多く、また交通量も激しく混雑します。
JRと近鉄のガードを潜りR165交点を過ぎると少し交通量も減って、田畑も増えてきます。ここから暫くは田畑とロードサイド店が混在する中を進みます。
広陵町を経て河合町に入ると西名阪道法隆寺IC前を通りますが、その前後はロードサイド店が密集します。その先で大和川を御幸大橋で渡り、さらにJR関西線を陸橋で越えると法隆寺が近く、土産物店や旅館が密集する中を走ってR25交点が終点です。全線2車線ありますが、交通量は多めです。(Aug.2011)
9  奈良大和郡山斑鳩線
奈良市の三条大路5丁目交差点、R308との交点から南に向かって進みます。すぐに右手に唐招提寺や薬師寺が見え、さらに進むと大和郡山市に入ります。
すぐにr41交点となり、ここで左に入り大和郡山の中心部を抜けます。道なりに右左に曲がり、近鉄の踏切を渡り郡山城址の北側を進みます。郡山市街地を抜けると溜池が多く見えるようになると畑が増えてきます。
斑鳩町に入るとロードサイド店が並ぶようになり、法隆寺に近いR25との交点中宮寺東交差点が終点です。観光地も多く全般的に交通量が多めです。また、大和郡山市の小泉交差点からR25までの富雄川堤防上の狭い2車線もr9に指定されています。(Aug.2011)
30  御所香芝線
御所市の南部でR24から分れ、いきなり連続した上り坂となります。上りきったところがr261交点で、ここで右折して暫くは丘陵地の田園地帯をひたすら進みます。
葛城市に入り南阪奈道路を潜ると住宅やロードサイド店が増え、R165と重複して進み香芝市に入ります。R165現道交点の穴虫交差点が終点です。交通量は多めで、特にr254交点から先は非常に多く混雑します。(Aug.2011)
33  奈良笠置線
奈良市のR369と京都府笠置町のr4を結び、奈良市から京都府木津川市に一旦入り、再び奈良市、さらに京都府笠置町と走ります。木津川市区間とその前後の奈良市区間は、ほぼ全線が山林の中です。木津川市の区間はごく短く、府県境の標識等は一切ないので、車上からはまったくわかりません。
起点から奈良市の狭川の集落までは2車線あります、その間のr47交点付近にも小さな集落があります。狭川の集落の先は白砂川に沿う1.2車線程度の狭隘路となり、府県境を越えて笠置町に入ります。(Aug.2011)
41  奈良大和郡山線
起点は奈良市のR169交点の古市町南交差点で、ほぼ西に向かって進み、大和郡山市に入った奈良口交差点でr9に至る道路です。起点からr754交点までは普通の2車線で、田畑が多い中を進みます。
r754交点から先は1〜1.2車線の狭隘路となって住宅密集地を進みます。ところどころ気休め程度の2車線区間がありますが、R24交点まではこの状態が続きます。
R24を越えると2車線に戻り、田畑や空地の中を進み、大和郡山に入るとすぐにJR関西線の踏切を渡ります。その先の北側に九条公園があってすぐに終点となります。狭隘区間も含めて交通量はけっこうあります。(Aug.2011)
44  奈良加茂線
京都府とのまたがり県道で、奈良市のR24交点の法華寺町東交差点が起点です。すぐにJR関西線の踏切を渡り、雑然とした雰囲気の市街地を進みます。電柱がハミだし、路線バスも頻繁に走り、歩行者や自転車も多く走り難い状況です。
r104交点で左折しますが、ここまでが条里制による一条通りにあたります。左折後は登り坂となり、最初は商業地、その後は鴻ノ池運動公園の中、さらに進むと天皇陵があり、府県境に至ります。交通量が非常い道路です。(Aug.2011)
52  奈良精華線
起点は奈良市のR308交点で、6車線の立派な道路ですが、r1を過ぎると2車線となり平城宮跡の西側を北上します。途中に平城宮跡を横断する近鉄奈良線の踏切があります。
r104交点で左折し、近鉄大和西大寺駅近くの繁華な市街を抜け、右折します。市街地を進み近鉄京都線平城駅前の踏切を渡り、すぐに右折します。田園地帯となり中山橋交差点で右折すると4車線となって府県境となります。(Aug.2011)
55  橋本五條線
和歌山県とのまたがり県道で、和歌山県橋本市と五條市の間を結びます。紀ノ川の左岸を進むのがr55で、右岸を進むのがR24になります。
県境から暫くは山林の中を2車線で進みますが、その後は田畑や集落の中の1車線が続きます。再び2車線に戻ると田園地帯となり、R168交点が終点となります。対岸のR24に比べて貧弱な道で、交通量はほとんどありません。(Aug.2011)
65  生駒井手線
生駒市のr7交点が起点で、2車線で始まり農村部を進みます。しばらくするとセンターラインが消え1.5車線となり、山間部の上り坂となって京都府に入ります。交通量は少なめです。(Aug.2011)
72  生駒精華線
生駒市のr7交点が起点で、最初は住宅地ですが、その後は田園地帯となり、さらに山林の中の上り坂となって京都府に入ります。ほとんど全区間1〜1.5車線ですが交通量はあまりありません。(Aug.2011)
80  奈良名張線
奈良公園の南側のR169交点、福智院北交差点が起点で終点は三重県名張市です。奈良の市街地を2車線で進み、r188交点で左折して登り坂となり登坂車線もあります。山林地帯となりますが矢田原付近からは田園地帯となります。
r47と重複し日笠交差点でr47と分かれると再び登り坂となり、水間峠をトンネルで抜けます。今度はR369と短い重複をし、山添村に入ります。山添村の大部分の区間は山間部で、ところどころに集落と田園があります。
やがてR25名阪国道を潜り、その先でR25現道と2qほど重複し、左折して分かれます。その後は三重県境まで山間部となります。奈良県内は重複区間も含めて全線2車線あり、奈良市街地を除くと交通量も多くなく、特に三重との県境付近はほとんどありません。(Aug.2011)
82  上野南山城線
三重県伊賀市を起点とし、奈良市を経由して京都府南山城村に至る3府県にまたがる県道です。三重県区間が1.6q、奈良県区間が8.6q、京都府区間が11.7qとなっています。
奈良県内は旧月ヶ瀬村の区間で、三重県境から2車線で山中を通って旧月ヶ瀬村の中心を抜け、名張川を渡ります。渡ってすぐに右折してr4と重複し、名張川に沿って進みます。
重複区間も山林が続き、その中で右折してr4と分かれます。さらに2車線で山林の中を進み京都府に入ります。交通量は比較的少なめです。(Aug.2011)

Page2へ
奈良県道一覧にもどる
奈良県道のメインページにもどる
Last modified -