Prefecture Road Nagano
Driving Report

364  古間停車場線
JR信越線古間駅とR18を結びます。全線が1.5車線で、古間駅付近は住宅が並ぶ中を狭い1.5車線で進みます。(Nov.2001)
366  野村上牟礼停車場線
牟礼村のr36とJR信越線牟礼駅とを結びます。起点から牟礼村役場付近までは田園地帯を走り交通量も少ない区間で、1.5車線と2車線が混在します。村役場場付近から駅までは市街地の中を進み、途中でr60との重複区間もあります。(Aug.2004)
370  柳原停車場線
長野市の千曲川近くの長野電鉄柳原駅を起点に、南に向かって直線で進む300mほどの路線で、終点はR18交点です。住宅に挟まれた狭い道路です。(May.2001)
371  療養所上野線
国立東長野病院とr60の間の500mほどの路線です。起点から暫くは1.5車線ですが、清泉女学院大学を過ぎると住宅街の2車線路となります。(May.2014)
373  北長野停車場線
JR信越線北長野駅からr374と重複して2車線で始まり、すぐに左折して単独区間に入ります。単独区間になると1.5〜2車線の広狭混在となり市街地を進みr60交点で終点となります。(Aug.2004)
374  北長野停車場中俣線
JR信越線北長野駅からr373と重複して2車線で始まり、すぐに右折して単独区間に入ります。
単独区間になるとセンターラインのないところや1.5車線幅の幅員の狭い区間が多く、カーブも多数あります。全線に渡り住宅などが密集しているために見通しもあまりよくありません。千曲川近くでR18に突き当たり終点となります。(Aug.2004)
375  大豆島吉田線
起点は犀川と千曲川の合流点が近い長野市大豆島のr34交点で、起点付近は1.2車線程度から1.5車線と幅員が狭く、その後もr58交点まではセンターラインのないところもあるカーブの多い市街地が続きます。
r58を過ぎると広い2車線の市街地となりr64と重複し終点のr399交点に至ります。(Aug.2004)
376  長野停車場岡田線
起点は長野駅でr32と100mほど重複し、単独になって300mほど走りR19交点が終点になります。長野市のど真ん中を走る4車線の道路で、沿道は全線市街化されています。(Nov.2001)
377  牛島綿内停車場線
r34が千曲川を渡る落合橋の南詰めが起点で、暫く千曲川の堤防上を走り、堤防から降りると農村部を少し走ってR403と重複します。やがて綿内駅入口の信号があり、ここを右折すると広い2車線で、その正面が長野電鉄の綿内駅です。
r34からR403への短絡路となっているために交通量は多めです。(Jun.2006)
378  小出綿内停車場線
r34交点が起点で、すぐに保科川を小出橋で渡り、農村地帯を1.5車線で進みます。坂を下り、下りきると2車線となって田圃の中を走ります。上信越道を潜り、長野電鉄の踏切を渡ると右折し、再び1.5車線区間になります。
道幅は段々狭くなり、住宅が密集しだすとその中を1車線で走ります。R403にぶつかり右折して重複します。重複区間も市街地ですがセンターラインはありません。やがて綿内駅入口の信号があり、ここを右折すると広い2車線で、その正面が長野電鉄の綿内駅です。(Jun.2006)
381  小松原川中島停車場線
R19が犀川を渡る両郡橋がr381の起点で、暫くは犀川に沿う2車線路です。左側に犀川が流れ、右側は山が続きます。やがて犀川と分かれると中小工場などが多い市街地となり、1.5〜2車線の広狭混在となります。信越線の踏切を渡ると右に曲り、市街地を少し行くと右手にJR川中島駅があります。(Jun.2006)
382  中村金井山停車場線
r445中村交差点からR403の間は、千曲川にかかる更埴橋の区間が大半を占めます。更埴橋を渡り終えるとR403と短い重複の後、R403と長野電鉄金井山駅との間はみすぼらしい道路です。r445〜R403間は2車線が確保されています。(Oct.2002)
385  松代篠ノ井線
上信越道長野IC近くのR403交点が起点で、暫くは上信越道の脇の2車線のj快走路です。上信越道松代PAの先にR403との変形交差点があって、ここを右折します。すると1.5車線の歩道もない、みすぼらしい道路に変り、赤坂橋で千曲川を渡ります。赤坂橋も1.5車線です。
橋を渡り終えると直角に左に曲り、川の堤防を暫く走ったあと堤防から降り、市街地を2車線で走ります。r77を渡ると篠ノ井駅前からの賑やかな通りになります。全線に渡り交通量は多めです。(Jun.2006)

Page17へ
長野県道一覧にもどる
長野県道のメインページにもどる
Last modified -