Prefecture Road Miyagi
Driving Report

43  矢本河南線
JR仙石線矢本駅近くのR45交点が起点で、すぐに左折して仙石線を地下道で潜ります。その先は三陸道矢本ICまでは道幅も広く、ロードサイド店が並んでいます。
矢本ICを過ぎると農村部で、旧河南町に入ると集落が広がります。青木川を渡ると広瀬の街並みが広がり、住宅が密集する中を走ってR108交点が終点です。全線2車線あります。(Sep.2010)
44  角田山元線
ロードサイド店などが並ぶ、角田市の中心部でR113から分かれてスタートし、角田橋で阿武隈川を渡ります。渡った先は田園地帯ですが急カーブも多く、やがてr28と重複します。島田の集落に入ると住宅密集地の中を進み、左折しr28と分れ単独に戻ります。
左折後は短い区間ですが1.5車線以下の狭隘な区間が残り、2車線に戻ると田園の中となります。その後は山林の中の上り坂となり小斎峠を越え山元町に入り、下り坂に転じます。
暫く行くと坂元の市街地となり、1.5車線になって住宅街を走ります。R6との立体交差を一旦潜り、農村部を1.5車線で走ってからR6と合流し終点となります。(Sep.2010)
52  亘理村田線
渡里町のスタートはR6交点からで、右手には工場、左手は住宅が並びます。JR常磐線のガードを潜り、田園地帯を走ったあと、r28と重複して槻木大橋で阿武隈川を渡ります。
槻木市街に入り、すぐに陸橋でJR東北線を跨ぎ、その先は農村地帯が続きます。村田町に入って暫くするとセンターラインが消え、道幅が少し狭くなります。住宅が増えてくるとr14交点終点となります。(Aug.2007)
54  井土長町線
仙台市若林区のr10交点が起点で、最初は田園地帯の中を進みます。仙台東部道路と仙台南部道路の高架を潜り、その辺りから市街地となります。R4BPを過ぎると完全な市街地が続き、旧R4である市道広瀬河畔通との交点が終点です。全線2車線で交通量は多く、全線が仙台市管理区間です。(Sep.2010)
56  仙台三本木線
仙台市泉区のR4交点からはじまり、すぐにマンションや住宅などの中の上り坂となります。沿道には東北学院大などもあり、少し行くと富谷町に入ります。
住宅が減ってきて田園地帯となり、r256交点で右折します。暫く行くと1.5車線路になり、r3交点で左折してr3との重複区間となります。
吉田側を渡り、東北道大和ICの少し手前で右折してr3と分かれ、その後は終点まで2車線で農村部を走ります。終点は大崎市のR4交点で、距離は約28.5kmあります。(Sep.2010)
58  塩釜七ヶ浜多賀城線
名前の通り多賀城市から七ヶ浜町内をグルリと廻って塩釜市の中心部に至る、全長約17.5kmほどの主要道です。起点は多賀城駅近くのR45交点ですが、ここは交通規制の関係でR45仙台方面としか行き来できません。
市街地を2車線で進み、砂押川の手前を右折して砂押川に沿って走り、念仏橋の手前で左折してr23と重複して砂押川を渡り、再び右折して単独になります。
すぐに七ヶ浜町に入ります。海水浴場や公園などが近くにありますが、沿道には住宅が建ち並んでいます。直角に左に曲ると右手に吉田浜の漁港が見え、少し行くと右側いは仙台火力発電所があります。暫く雑木林の間を走って、住宅が増えてくると町役場が近くなり、七ヶ浜の中心部を抜けます。
r23と交差してその先は整備された2車線となり下馬笠神トンネルを抜けると左折してR45と重複します。重複区間は短く、JR下馬駅近くで左に分かれ、住宅地の中をセンターラインのない1.5車線で抜けて行きます。
JR西塩釜駅前を過ぎると市街地の終点向き一方通行となって、r3交点となります。ここで右折しますが、この先終点のR45交点までは、起点向き一方通行区間となっています。そのためr58を車で一気にトレースすることは不可能です。(Aug.2007)
59  古川一迫線
旧古川市(現大崎市)のR4交点が起点で、最初は住宅も多く建っていて、交通量も比較的多くあります。桜ノ目橋で江合川を渡ると、桜ノ目の住宅密集地の中でクランクし、その後は住宅が減って田園地帯に変っていきます。
東北道を跨ぎ越したあとは2車線快走路となりますが、r166交点までの間にごく短い区間ですがセンターラインのない区間が数箇所あります。
r166交点を過ぎると2車線の田園地帯の快走路が続き、r167交点の先で右手に東北道が並走します。東北道と離れると左右には田圃が広がり、r17交点が終点となります。(Aug.2007)
60  鹿島台鳴瀬線
大崎市鹿島台の市街地の南でR346から分れスタートします。いきなり1.5車線で始まり、すぐにJR東北線の踏切を渡り、鳴瀬川の堤防下を走った後で2車線となって吉田川を渡ります。
吉田川を渡ると再び1.5車線に戻り、吉田川の堤防道路となります。R45と合流して重複し、同時に2車線になります。すぐに三陸道鳴瀬奥松島ICがあります。
やがてR45が左折して分れ、その後も吉田川の堤防を進みますが、車線幅は2車線を保ちます。JR仙石線を潜った先のr27交点が終点で、距離は約12.5kmほどあります。(Sep.2010)

Page4へ
宮城県道一覧にもどる
宮城県道のメインページにもどる
Last modified -