Prefecture Road Miyagi
Driving Report

3  塩釜吉岡線
塩釜の起点はR45交点ですが、すぐに終点→起点方向への一方通行となります。一方通行区間は塩釜の市街地で、1本南に逆向きの一方通行もあり、こちらもr3に指定されているようです。一方通行が合流した先に、塩釜神社があって、ここから対面通行となります。
その先のr35交点で右折し、JR東北線のガードを潜り、その後しばらく市街地を走ります。三陸自動車道を潜り、暫く行った利府駅付近の住宅街を右左折し、ニュータウンや工業団地の中を抜けますが、この付近は道路もよく整備されています。
仙台北部道路の入口で右折し、ここからは雑木林や田畑の多い中を2車線で走ります。r9交点で左折して吉田川に沿って進み、落合橋で吉田川を渡ると、その先で4車線になります。東北道大和ICの前を経て暫く4車線でICアクセス路の役割を果たし、r9が左に分かれると2車線市街地路となって、終点のR4交点となります。
仙台北部道路から富谷や三陸道利府塩釜IC方面へのBPもあります。(Aug.2007)
4  中田栗駒線
合併により登米市となった旧中田町のR346交点を起点とし、終点は栗原市(旧栗駒町)のR457交点です。起点付近は住宅が多く建っていますが、すぐに田園地帯となり、再び住宅が密集すると登米市石森の街中です。石森章太郎記念館もあります。
石森から先は暫く農村部が続き、次の市街は旧石越町の中心部となります。陸橋でJR東北線を越えて石越駅前に出て、石越駅から続く商店街を直線で抜け、続いて若柳市街地を走ります。
その後は迫川の堤防を少し走り、田園地帯となって東北新幹線と東北道を潜ったのちR4交点となります。左折してR4と1kmほど重複し、右折して単独に戻ります。その後は田園の中の快走2車線路が続き、終点の栗駒は市街の外れを走りますが住宅が並んでいます。(Aug.2007)
6  石巻停車場線
JR仙石線と石巻線の入る石巻駅とR398とを結ぶ140mほどの停車場線で、上り1車線、下りは2車線ですが、第2車線は右折用車線です。
市の中心駅の駅前通りですが活気がなく、低層ビルなどが並んでいるだけです。(Sep.2010)
7  石巻港線
起点は門脇町のマルハニチロの工場脇で、工場に沿って2車線で進んだ後、住宅街の一方通行路となります。一方通行区間は終点方向で、旧北上川沿いの道路が反対方向への一方通行です。
途中のごく短い距離の対面区間がありますが、終点まで一方通行が続きます。終点は西内海橋の西詰のR398交点です。(Sep.2010)
9  大和松島線
大和町R4交点の起点は桧木交差点です。東北道大和ICへのアクセス道路のために4車線で始まり、1.3kmほど行くとr3と交わり重複します。
大和ICを過ぎると2車線になり、2.5kmほど行くとr3が右折して分かれr9単独に戻ります。暫くは吉田川に沿って走り、吉田川から離れると東北新幹線の高架を潜ります。
すぐに大郷町となり田園地帯を進み、そのまま松島町に入って三陸道松島大郷ICを過ぎて少し行くとr8交点で、ここが終点です。全線2車線ありますが、交通量は比較的多めです。(Aug.2007)
10  塩釜亘理線
塩釜市が起点ですが、塩釜〜多賀城間はR45と重複していて、実質的には多賀城市の八幡交差点がこの道路の始まりです。2車線で始まりますが、すぐに右折してR45と平行する4車線道路となり、途中からは仙台東部道路の効果が頭上を走っています。
中野石橋交差点で左折し、4車線工事が行われている中を進み、蒲生二本木で左折します。ここからは2車線になって高砂橋で七北田川を渡ります。
その後は平坦な2車線が続き仙台市から名取市の海岸近くを走ります。畑も多くありますが、交通量はかなり多めです。
仙台空港の滑走路の下をトンネルで潜り、その先のr20〜r125の区間は新しく整備された区間で、走りやすい2車線ですが、このあたりからは交通量が少し減ってきます。
r125交点から先は田園地帯で、亘理大橋で阿武隈川を渡ります。その先のr38交点からは再び市街地となり交通量も多くなり、そのまま終点のR6交点となります。(Aug.2007)
11  塩釜港線
塩釜港の東埠頭とR45を結ぶ1kmほどの路線です。全線4車線で工業港の路線らしく車線は広く、倉庫や港湾施設の中を進みます。(Aug.2007)
15  古川登米線
大崎市となった旧古川市の郊外でr1から分れますが、東北新幹線を潜るまでは住宅地です。新幹線を越えると田園地帯となり、その先のr19交点付近は田尻の市街地で、この中でクランクします。
その先は田園地帯の直線路が暫く続いた後、JR東北線田尻駅近くは商店街となります。左折して陸橋でJRを越えて農村地帯の快走路となります。登米市に入るとR346と2kmほど重複します。
単独になると再び農村部の快走路となりますが、r220交点の手前で突然センターラインがなくなり、見通しの悪い走りにくい区間があります。
r220交点を過ぎると2車線に戻り、やがて登米市の市街地となり、その中で右左折した後、北上川の近くでR342とぶつかり終点となります。(Aug.2007)
17  栗駒岩出山線
栗原市となった旧栗駒町の市街南部から始まり、市街が終わると田園地帯に突入します。竜雲寺橋で一迫川を渡ると旧一迫町の市街を抜けますが、その後はまた田園地帯となります。
R398を越えて少し行くと雑木林や田園が続く長閑な山里となります。r167交点付近に真山の集落がありほかは変化が少なく、大崎市となった旧岩出山町郊外のR47交点が終点です。(Jun.2007)
18  本吉室根線
岩手県とのまたがり県道で、起点は宮城県側の本吉市街地のR346交点です。センターラインがない状態で市街地を進み、市街地が途切れると2車線で田園地帯を進みます。
やがて上り坂となり山林の中を走るようになりますが、よく整備されていて快走できます。宮城県側は約6.5kmあり、岩手県との県境になります。交通量は全線に渡り少なめです。(Aug.2007)
19  鹿島台高清水線
鹿島台の駅近くの市街地でR346から分岐します。すぐに市街地は終わり、しばらくは右手はJR東北線、左手には山林や田畑が続きます。線路と離れると田園地帯が続き、r32交点で右折します。
野田橋で鳴瀬川を渡って少し行くと小牛田市街地を抜け、JR陸羽東線を陸橋で渡りR108を過ぎて江合川を遠田橋で渡ります。暫く田園地帯を進み、田尻の市街地となります。
田尻市街ではr15と短い重複があり、その後は再び田園風景の中を行きます。栗原市に入り東北新幹線の高架を潜り、少し行くと高清水の町外れでr1に突き当り終点となります。(Sep.2010)
20  仙台空港線
仙台空港と名取市のR4とを結ぶ約6.7kmほどの路線です。全線4車線あり、歩道も広く中央分離帯もあってよく整備されています。
沿道風景は空港からr10交点までは工場やロードサイド店などが多く、r10交点から終点までは田園が多くなります。途中に仙台東部道路の仙台空港ICがあります。(Aug.2007)

Page2へ
宮城県道一覧にもどる
宮城県道のメインページにもどる
Last modified -