Prefecture Road Mie
Driving Report

27  神戸長沢線
鈴鹿市内のみを走る約13qほどの主要地方道です。
r8から分かれると交通量のあまり多くない直線の快走区間が続きますが、だんだんと交通量が増え、R1交点〜r639交点が最も交通量が多い区間です。ただ信号が少ないので流れてはいます。
r639交点以後は農村地帯を坦々と走り、東名阪道鈴鹿ICの先のR306交点が終点です。全線2車線あります。(Nov.2002)
28  亀山白山線
三重県道28号線は、亀山市R1と白山町のr15を結ぶ約40qほどの主要地方道です。
白山側から入るとすぐにJR名松線の踏切を渡り、左折しすぐに右折します。やがて、ほんのわずかR165と重複し、すぐに右折します。ここまでは2車線ですが、近鉄大阪線榊原温泉口駅付近から狭くなります。
近鉄線を狭いトンネルで潜り、きついカーブでの登りになり、雰囲気は山の中です。あたりが開けると榊原温泉で、温泉内は2車線になり、2.5KmほどR163と重複し右折します。右折後は交通量の少ない2車線で、快走できます。
安濃に入り、r410交点が近くなると1車線幅で、r28で最も狭い区間に入ります。この付近は案内がまったくなく、白山方面からは左折2回、亀山方面からは右折2回をしなくてはなりません。特に亀山方面からの場合は注意が必要です。
その後は2車線に戻りますが、r42交点を過ぎるとまたセンターラインが消え、芸濃町役場付近になると1.5車線になります。この付近は市街地で、ここも左折右折が連続しますが、どちらから来ても案内がありません。
r10に斜めに突き当たり、鋭角に左折してr10と1qほど重複し、その後は2車線で問題無く走れます。JR関西線の踏切を越えると右折し、R1の降格区間になります。(Nov.2002)
32  伊勢磯部線
志摩スペイン村のある磯部町から、伊勢神宮の外宮までを結んでいて「伊勢道路」といわれるようです。途中伊勢神宮の内宮付近でR23と交差します。
磯部町と伊勢市の間は、海沿いにR167がクネクネと走っていますし、鳥羽から内宮近くまで有料道路「伊勢志摩スカイライン」もあり、この県道はそれらに比べて山に中を通り、景色もいいわけではないので、地味な存在かもしれません。
磯部〜内宮付近は、登坂車線や五十鈴トンネルもある山中路線ですが、2車線山道のために前に観光バスなどの遅い車が入ると悲劇です。
内宮付近〜外宮までは伊勢の街中を4車線で走ります。観光地なのでいろんなナンバーの車や観光バスも多く走ります。(Mar.2001)

Page3へ
三重県道一覧にもどる
三重県道のメインページにもどる
Last modified -