Prefecture Road Iwate
Driving Report

286  東和花巻温泉線
現在は花巻市となった旧東和町の中心に近いr43交点が起点で、山林の中を抜けた後、JR釜石線に沿って走り、景色も田園地帯となります。
前方に大構造物が見えてくるとそれが新幹線の新花巻駅で、駅の下を潜りぬけ花巻大橋で北上川を渡ります。北上川を渡るといわて花巻空港の南側を走り、R4を渡りJR東北線を越えます。
再び田畑の中を走るようになり、花巻JCTのあたりで東北道を潜り暫く行くと終点のr37交点となります。全線2車線あり、距離は15Kmほどあります。(Aug.2005)
288  北上水沢線
北上の起点はr122交点で、起点のすぐ近くを秋田道が走っています。起点からすぐに急坂を上り、その後は田園地帯の中を坦々と進む2車線路です。
r196交点からはr235との重複区間となり、胆沢川を渡ると旧水沢市(現奥州市)に入ります。東北道を潜ると住宅となり、その中で右折すると4車線となります。
r235と分かれて水沢市街の西側を4車線で進み、終点のR397交点となります。(Aug.2007)
289  柴宿横沢線
r19とR343を結ぶ約4.9kmの道路で、起点から急坂を下ったあと、右折してr106と短い重複区間があり、左折して田園や雑木林が続く中を進み終点となります。全線2車線ありますが、交通量は多くありません。(Aug.2007)
291  小本港線
岩泉町にある小本港は整備途中で、港の部分には関係者以外立入禁止です。その手前から歩道もついた整備された立派な2車線が続き、350mほど走るとR45にぶつかり終わります。
整備中のために空地や防砂林などが景色の大半を占めますが、途中に小本温泉があります。(Aug.2005)
295  藤沢大籠線
かつてはr155でしたが、途中の狭隘区間の付け替えで一部宮城県内を走ることになったために、県道番号がr295に変わりました。
藤沢の市街でR456から分かれて始まり暫くは住宅の中を進みます。郊外に出ると畑や雑木林など農村の風景が続き、繰石峠に向います。
r218交点から上りとなりますが、R456の七曲峠より緩やかで、藤沢と本吉の間は国道よりr295の方が格段に走り易くなっています。
峠を下りて農村部を進み、終点近くで一瞬宮城県内を走行しますが、県境標識はありません。終点のR346交点も宮城県境はすぐ近くです。(Aug.2006)

岩手県道一覧にもどる
岩手県道のメインページにもどる
Last modified -