Prefecture Road Iwate
Driving Report

3  一関停車場線
東北新幹線とJR在来線が入る県南の都市一関の玄関一ノ関駅とR342とを結ぶ約140mの停車場線で、いくつかの商業ビルと店舗が並ぶ2車線です。主要駅の駅前通りらしくバスやタクシーなども多く走ります。(Aug.2006)
5  一戸山形線
八戸道一戸ICのすぐ近くのR4交点が起点で、最初は2車線ですがすぐに住宅地を1.5車線で走ります。そこを抜けると田園地帯の2車線と集落の中の1.5車線が交互に現れます。北側には八戸自動車道が並行しています。
八戸道が離れると山間部を2車線で上り、サミットの小倉トンネルとなります。小倉トンネル内は少し狭く1.5車線幅しかありません。
トンネルを抜けると九戸村で山林の中の坂道を2車線で下り、下りきると農村部の1.5車線、その先で右折してR340と重複して九戸の中心部に入ります。
中心部を抜けると左折してR340と分れ、その後は田園や山林の中を2車線で久慈市山形でR281に出て終点となります。(Aug.2006)
8  水沢米里線
奥州市水沢の市街地の外れから、4車線道路で始まります。桜木橋で北上川を越えると周囲は田畑が増え、東北新幹線を潜るとR456交点となり、ここで左折します。
この付近はロードサイド店が多く建ち並んでおり、R456と短い重複のあと右折し、ここからは2車線の盛街道となります。すぐに農村部となって田畑や山林風景が続きます。
旧米里村の中心であった人首の集落内は、1.5車線で直角カーブが多く、r27交点を過ぎると何もない2車線の山道が終点のR357交点まで続きます。(Aug.2007)
10  江刺室根線
合併で奥州市となった旧江刺市のR397と、一関市となった旧室根村のR284を結ぶ約36.8kmの主要道です。起点は山間部で、すぐに山林の中の上り坂となり越路峠を越えて一関市に入ります。途中から1.5車線になって、鬱蒼とした森林の中を進みます。
2車線に戻って周囲が開けてくるとr202交点で、ここからr104交点までは沖田の集落内で住宅が密集しています。r104交点を過ぎて暫く行くと山林の中の快走2車線路となり、市道峠を越えて坂を下り、風景が山林から田園に変わるとR343交点で、R343と約0.5kmほど重複します。
R343との重複区間は旧大東町の中心部で、その中で右折して分かれ、あとは終点まで山間部の快走2車線路が続きます。(Aug.2007)
11  八戸大野線
青森県とのまたがり県道で、青森県側の区間の方が長く岩手県内は県境〜大野村のR395までの14.5qほどです。
ほぼ全線が田園地帯を走りますが、大野村明戸の集落と終点付近の大野村中心部では距離は短いながらも住宅が建ち並ぶ中を走ります。 全線2車線あり、交通量は適度にありますが信号はほとんどなく、概ね全線で快走できます。(Aug.2005)
18  本吉室根線
宮城県とのまたがり県道で、岩手県側の区間の方が長く約15.4kmあります。県境から終点のR284まで津谷川の集落内を除き2車線あり、全体的に交通量も少なく快走できます。
県境から津谷川までは山間部で、津谷川集落内は1.5車線、その後は農村地帯が続きます。(Aug.2007)
19  一関大東線
一関の起点はr14交点の「中央町」交差点で、4車線で一関市街地を迂回するBPと市街地を2車線で抜ける現道があります。BPと現道は郊外で合流し、平坦な田園地帯を2車線で走り、千歳橋で北上川を渡ります。
北上川を渡ると農村部で、やがて山林地帯になると新狭山トンネルに入ります。トンネルの先には奇岩絶壁で有名な猊鼻渓があり、アクセス路でもあるr19の周りには土産物店や駐車場があります。
その先は再び山林が目立ちますが、暫く走ると周囲が開け、右手にJR大船渡線の摺沢駅が見えると、すぐに終点のR343交点です。(Aug.2007)

Page2へ
岩手県道一覧にもどる
岩手県道のメインページにもどる
Last modified -