Prefecture Road Ishikawa
Driving Report

54  寺畠小松線
起点は辰口町r55交点で、暫くはカーブの多い2車線の農村部の道路です。r22交点を過ぎると田園地帯を貫く4車線快走路となりR8を越えます。
R8を過ぎるとロードサイド店が建ち並びその先でJR北陸線を陸橋で越えて終点となります。道路はその先も続きますが、なぜか県道指定されておらず、唐突に終わります。ヘキサはありませんが、ヘキサ代わりのこれがありました。(Aug.2004)
55  小松辰口線
小松の起点は軽海町のR360交点で、2車線で農村部を走ったあと、左折して集落の中の1車線狭隘路を進みます。少し行くと梯川に架かる1.5車線の鴨浦橋を渡り、その北詰を右折し梯川右岸の堤防上を進みます。堤防上も1〜1.5車線と狭く、その先で右折して堤防を降りるとやっと2車線となります。
暫く田園地帯の2車線で進みますが、ハニベ巌窟院付近は集落があって、再びを1〜1.5車線の狭隘路になります。この付近は集落を迂回する新道を建設中です。能美市に入ると2車線の快走路となり、無患子トンネルを抜けます。
トンネルを出ると山林が多く、暫くは山間部が続きます。平坦になると北陸先端科学技術大学院大学を中心としたサイエンスパークの中を進みますが、この付近は街路樹も植わり整備された区間が続き、やがてr4交点に至り終点となります。ヘキサはありませんが、ヘキサ代わりのこれがありました。(Aug.2008)
58  鶴来美川インター線
合併で白山市となった旧鶴来町のr179交点が起点で、起点からR157交点までは狭い2車線で住宅地の中を走ります。
R157交点を右折して、信号一区間だけ重複した後、左折して単独区間に戻ります。ここから終点の北陸道美川ICまで、田園地帯を走る快走2車線路が続きます。(Aug.2008)
59  高松津幡線
合併で宝達志水町となった旧押水町の南端でR159から分かれて始まり、すぐに旧高松町(現かほく市)に入ります。起点から暫くの間は田園地帯の2車線快走路が続きます。
r226交点で右折して1.5車線で横山地区の住宅地の間を抜けますが、r226交点から直進する区間も一部r59に指定されています。
横山地区を抜けると旧宇ノ気町(現かほく市)の市街を2車線で走り、r8交点で左折します。そこからは田園が増えてきますが、r59沿いには比較的民家も多く建っています。所々センターラインがない狭い区間も残ります。
本津幡駅の西側でJR七尾線の踏切を渡り、ここからは旧R159が降格した区間を走ります。この区間は津幡の市街地で、津幡駅のすぐ南側でJRを跨ぐ陸橋に上ったところの旧R8交点が終点となります。(Aug.2008)
61  加賀インター線
R8とR305を結び、その中間に北陸道加賀ICがあります。IC線らしく全線4車線の整備された道路ですが、回りは田畑と雑木林で何もありません。(Aug.2004)
76  氷見惣領志雄線
富山県氷見と志雄町のR159を結びますが、石川県内は全線r29と重複します。
県境から暫くは山道の下り坂で、その後は田園地帯を走り、志雄町の住宅が密集する市街地を抜けるとR159となります。(Aug.2004)

Page4へ
石川県道一覧にもどる
石川県道のメインページにもどる
Last modified -