Prefecture Road Ishikawa
Driving Report

2  七尾羽咋線
起点はJR七尾線七尾駅前で、小丸山交差点まではR249と重複します。R249が右折して分かれた後は、少しの間、市街地の外れの雰囲気の中を進み、さらにその後は田畑が多くなります。
終点までJR七尾線と平行して進み、特に良川駅〜千路駅までは七尾線の、すぐ西側を進みます。駅間は農地が広がりますが、各駅付近には住宅や商店が固まっています。
猫目交差点でR249と合流し、終点のR415交点までR249と重複します。七尾と羽咋を結ぶ古くからの街道らしく、交通量も多い全線2車線の道路です。(Aug.2008)
3  田鶴浜堀松線
七尾市になった旧田鶴浜町のR249交点「大津」交差点が起点で、終点は志賀町のR249交点「堀松」交差点です。全線2車線あり、距離は約9.1kmほどです。
起点から暫くは田園と山林の中を走り、あたりが開けると能登有料道路の大津ICになります。その後は終点まで再び山林か農村地帯を走ることとなります。交通量は起点〜r236交点までは比較的ありますが、その後は少な目で快走できます。(Aug.2008)
4  小松鶴来線
小松市街地の南部のR8交点の北浅井交差点から始まり、2車線で小松の市街地を逆コの字型に走ります。小松駅の北側でJR北陸線の高架を潜ると4車線となり、その後R8と重複します。
寺井町でR8から分かれ、暫く整備された広い2車線が続き、ロードサイド店が多く建っています。三道山交差点で右折し、住宅地の中を2車線で抜け、辰口町にはいると田園地帯を走ります。手取川を天狗橋で渡ると鶴来で、鶴来市街地を走り、その中心部のr45交点が終点です。(Aug.2004)
5  福井加賀線
福井県とのまたがり県道ですが、その大部分は福井県内を走り、石川県の区間は県境から約0.5Kmほど走ってR305にぶつかり終わってしまいます。
この県道の県境付近は離れ小島みたいな区間で、県境から福井に向かって走るとすぐにR305と重複し、本格的に始まるのは芦原温泉付近からです。
石川県内は道幅は2車線、何もないところを通り交通量も多くありません。(Aug.2004)
8  松任宇ノ気線
松任の南東部r22との交点木津町が起点で、最初は田園地帯を行きますが、R8を越えると市街地となり交通量も一気に増えます。
松任駅付近でクランクし、JR北陸線を陸橋で渡り、北陸自動車道を潜ると金沢に入ります。金沢市内は4車線で中心部からも少し離れているので交通量は多いものの比較的流れもよく、快走区間が続きます。ロードサイド店や郊外型の大型店舗も多く並んでいます。
大野川を渡った先の大浜南交差点を右折し、ここからは市街地の2車線区間となり、北陸鉄道浅野川線の線路に突き当たり右折し、線路に沿って少し走り今度は左折して踏切を渡ります。
その後は暫く住宅地となり、その先では右側に河北潟が広がります。河北潟方水路を渡ると左手が住宅、右手が田園という風景が暫く続き、かほく市に入ると住宅地をカーブの多い2車線で抜け旧宇ノ気町のR159交点が終点です。距離は約30kmと比較的長い路線です。(Aug.2004)
13  金沢停車場線
金沢駅と市内中心部のむさし交差点を結ぶ約1qほどの主要道で、駅前から6車線で始まり最初の信号を右折します。ここからは4車線で進み白銀交差点を左折してむさし交差点に至ります。
全線4車線以上確保され市街地を走ります。駅とむさし交差点の間は直接市道で結ばれていて、金沢停車場線の方は迂回して走っています。(Aug.2004)
17  金沢港線
実際には港からではなく、少し内陸に入ったr8交点から始まります。金沢の中心部武蔵ヶ辻に向かって進む4〜6車線の幹線道路で、交通量も多い路線です。
ほとんどの区間が直線路で、信号の多い市街地道路です。(Aug.2004)
23  富来中島線
起点付近は旧富来町の中心部で、住宅が建ち並ぶ中を進み1.5車線の狭い区間も存在します。すぐに田園地帯の2車線となり盤谷峠への上りにかかります。さらに行くと山林の中の上り勾配区間となり、盤谷峠を越えると下りに転じます。
峠は旧富来町と旧中島町の境界にもなっていて、富来側は比較的急坂、中島側は比較的緩やかな坂です。山林から農村部となり、所々で1.5車線になります。
能登有料道路横田IC前を過ぎて、長閑な田園地帯を暫く走ると旧中島町の中心近くの住宅密集地となります。ここを1.5車線で抜けると、終点のR259交点となります。距離は約15.9kmありますが、全線に渡り交通量は少な目です。(Aug.2008)

Page2へ
石川県道一覧にもどる
石川県道のメインページにもどる
Last modified -